最新スナドラチップを積む「Surface Pro X2」は、WindowsノートPCの最適解になれる…?

  • 13,043

  • author 湯木進悟
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
最新スナドラチップを積む「Surface Pro X2」は、WindowsノートPCの最適解になれる…?
Photo: Taro Kanamoto

M1MacBookを超えられる?

PC向けチップといえばIntel(インテル)かAMDの製品という時代から、もとはスマートフォンやタブレット向けに開発された、Qualcomm(クアルコム)のSnapdragonプロセッサが、ちょっとずつ話題になってきました。有名どころでは、なかなか評価も高い「Surface Pro X」があるでしょう。しかし、Windows on Snapdragonのコンセプトで旋風を巻き起こすはずが、その後の進展が聞こえてきません。次世代モデルは出ないのでしょうか……?

と思いきや、今秋にMicrosoft(マイクロソフト)からリリースが期待される、「Surface Pro X2」なる新モデルの可能性について考察する記事をForbesが掲載。スナドラチップを採用したおかげで、パソコンよりもタブレットと呼ぶべき薄型デザインが採用され、電源ボタン・オンでスピーディーにスリープから復帰し、常にSIMでネット接続するものの、PCみたいに発熱の心配がなくバッテリも長持ちという、初代のSurface Pro X強味進化させた、最新モデルの開発が進んでいそうな様子を伝えています。

カギを握っているのは、ハイパフォーマンスとうわさされる「Snapdragon 8cx Gen 3」という最新プロセッサでしょう。ここにARMチップゆえに制限も多かった、Windowsデスクトップ版アプリケーションが、さらにスムーズに動かせる環境が整って登場することが、Surface Pro X2の成功のポイントになるとされていますね。これまでのリークとも合致しており、期待が高まります。同じくARMチップながら、Intelと決別した独自のM1シリーズのプロセッサで快走するApple(アップル)へ、MicrosoftもSurface Pro Xシリーズで迫りたいところでしょう。より価格面でも手を出しやすいSurface Pro X2が発売されたら最高でしょうね~。

Source: Forbes