今度のティファールは「狙ったところに注げる!」 待望のドリップケトルが来たぞー!

  • 12,583

  • author 山口真央
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
今度のティファールは「狙ったところに注げる!」 待望のドリップケトルが来たぞー!
Image: グループセブ

あっという間にすぐにカフェ。

「♪あっという間にすぐに沸く」のアレでおなじみ、ティファールの電気ケトル。いまや電気ケトルの代名詞としてついつい「ティファール」と呼んでしまうくらいには生活になじんでいるわけですが、ティファールにはあるひとつの課題がありました。

それは「注ぎ口が太め」であること。いわゆるドリップケトルタイプの注ぎ口ではないため、ハンドドリップコーヒーをおいしく淹れるには専用のケトルに移し替えたりする必要があったんです。なんなら我が家がまさにそれ。

でも!4月に発売される「カフェコントロール 1.0L」なら、その問題がすべて解決されてるんです~! うれしい~!

最適な「注ぎ方」ができる細い注ぎ口

sub5
Image: グループセブ

カフェコントロール 1.0Lの最大の特徴は細い注ぎ口。先端の角度にこだわったことで、注いだ後の湯切れが良くなっているほか、湯量のコントロールがしやすく、狙った場所に注ぎたい分量のお湯を注げます。

ハンドルは人間工学に基づいて設計されていて、手にしっかりとフィット。さらに湯量コントロールしやすさを高めているんだそう。

sub4
Image: グループセブ

また、コーヒーは「沸騰したお湯」ではなく、90℃前後のお湯で淹れるのがおいしさのコツ。そのためにも温度設定ができる仕様になっており、40/60/70/80/85/90/95/100℃での8段階で設定ができるんです。

私はこの方ずっとティファールユーザー&コーヒーはハンドドリップ派なのですが、とうとう買い替えの時が来てしまいました……。参考価格は1万8500円と、数千円から選択肢がある電気ケトルの中ではちょいお高めですが、私はこれ、大注目です。おうちコーヒーがさらに楽しくなっちゃいそう。ポチる準備、できてますよ~!

Source: グループセブ