サードアプリでの録音はNG! グーグルがポリシー変更へ

  • 14,035

  • author Florence Ion - Gizmodo US
  • [原文]
  • 塚本直樹
サードアプリでの録音はNG! グーグルがポリシー変更へ
Photo: Florence Ion / Gizmodo US

5月11日が期限。

Google(グーグル)のアプリストアにて、通話録音アプリが利用できなくなります。

Android Policeが報じ、有名アプリのCall Record ACRの開発者がRedditに投稿したように、Google Playのストアのポリシーが今月始めに変更されました。今後、アクセシビリティの向上のために用意された「Accessibility API」を、意図した用途以外で利用することが禁止されたのです。通話録音も、もちろん「意図した用途以外」に当たり、Accessibility APIを使っている通話録音アプリは、5月11日以降はその機能が利用できなくなります。

開発者向けウェビナーにてグーグルは、“他人への明示なしに通話を録音するアプリは、さまざまな州法に抵触する可能性がある”と解説しています。この機能へのアクセスを提供したい開発者は、免責事項を追加して、通話が録音される前にユーザーにはっきりとした同意を求めなければいけません(もしくは、通話を録音する別の方法を探すか…)。

この決定は、通話を録音する必要があるジャーナリストについては苛立たしいものとなりそうです。グーグルサムスンの通話アプリでは通話録音が可能ですが、Accessibility APIのユーザー補助機能が分離され、サード開発者が利用できるようになるのかどうかは、今のところ不明です。

    あわせて読みたい