スマホに繋いで試してみた、MOBOの日本語配列折りたたみモバイルキーボードが使いやすい理由

  • 7,640

  • Buy
  • author 田中宏和
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
スマホに繋いで試してみた、MOBOの日本語配列折りたたみモバイルキーボードが使いやすい理由
Photo: 田中宏和

こちらは、ギズモード・ジャパンが所属する(株)メディアジーンのコマースチームが編集・執筆した別企画の記事です。

スマホ最大の弱点は、入力環境にあると言っていいでしょう。

ソフトウェアキーボードは、面積的に画面の半分弱くらいを占めてしまうので、アプリ表示の視認性を大きく落としてしまうんですよね。操作性はさておくとしても。

というわけで、スマホでガッツリ文字入力するならモバイルキーボードが欲しくなるところですが、大半のものはUS配列をベースにしていたり、かなり変則的なキー配列を採用していたりします。

そこでチェックしてみて欲しいのが、MOBOの「Keyboard2 AM-K2TF83J」。一部のキーピッチと特殊キーの配列に独自仕様が見られるものの、ほぼほぼ標準的なJIS配列を再現している折りたたみモバイルキーボードです。

(※今回、写真撮影に使っているのは、キートップの形状と充電端子が異なっている旧バージョンの「MOBO Keyboard」です。)

19mmキーピッチと大型Enterキー

画像
Photo: 田中宏和

Keyboard2 AM-K2TF83J」最大の特長は、このキー配列。

スペース的な制約があるので、一部のキーにしわ寄せが生じていますが、普段ローマ字入力を使っているなら、大きな違和感を感じることはないレイアウトになっていると思います。

高価なデスクトップ用キーボードに比べれば、打鍵感などにデメリットが無いわけではありません。でも、タッチタイピングしていてもミスタイプが起こりにくく、本当に快適ですよ。

剛性感のある作り

画像
Photo: 田中宏和

さらに、観音折りすれば約166x120mmのコンパクトサイズになる「Keyboard2 AM-K2TF83J」は、開くときのシャキッとした動きも、なかなか好感触。

もちろん雑に扱うのは論外ですが、しっかりと剛性があるので、それほど神経質にならなくても大丈夫という安心感がありますよ。

ちなみに電源ボタンは付けられておらず、開くことで電源ONされる仕様になっています。

画像
Photo: 田中宏和

折りたたんだときの実際のサイズ感は、上の画像をご参照ください。念のため追記しておくと、筆者のスマホはXperia 5 IIです。

大きさはスマホ1.5台分くらいで、折りたたんだときの厚みはほぼ倍くらい。

タイピングの快適さを犠牲にしていないということを考慮すれば、十分納得できるサイズ感だと思います。

画像
Photo: 田中宏和

スマホスタンドとして使える専用カバーも、しっかり本体をガードしてくれる安心感のあるもの。

大画面化している現在のスマホなら、十分に快適な作業環境を実現できると思いますし、言うまでもなくタブレットと組み合わせれば、ノートPC並みの充実度になること間違いなし。

事情でノートPCを持ち込むのが難しい状況に置かれてしまう人はもちろん、小ぶりなバッグだけで身軽に動きたいという人にも、オススメのモバイルキーボードですよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

Photo: 田中宏和

Source: Amazon.co.jp