なんで作った?AndroidスマホをLightning対応に改造する猛者が現る

  • 13,602

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
なんで作った?AndroidスマホをLightning対応に改造する猛者が現る
Gif: Exploring the Simulation (Kenny Pi)/YouTube

わざわざ魔改造。

iPhoneのデメリットで1番最初にあがるのがLightning。Apple製品でしか使えん!さっさとUSB-Cにしろ!とさんざんクレームがあがっており、逆に、なんでLightningにそこまでこだわってんの?と不思議にすら感じる存在です(ぼちぼちUSB-Cへの移行もされていますけどね)

どんだけLightningが不評かというと、DIYでiPhoneにUSB-C搭載した端末がオークションで1000万円超えの値をつけるほど。それなのに、まさか、まさかこんなことが…! iPhoneをUSB-Cに改造したKen Pillonelさん、今度はAndroidにLightning装備してしまいました。カルマ?呪い?何が起きてるの?

ダークDIYされてしまったのは、Galaxy A51。USB-Cポートをひっぺがされて、Lightningポートがぶっこまれています。PillonelさんいわくこのDIYで(世間からのなんで?という声と呪い以外で)最大のチャレンジとなったのは、Apple端末でしか機能しないLightningに、Samsung端末をどうやってApple端末と思わせるかということだったそう。DIYの詳細は、今後、自身のYouTubeチャンネルにて解説動画をポスト予定とのこと。

Video: Exploring the Simulation (Kenny Pi)/YouTube

ちなみに、LightningつきGalaxyはオークション出品予定はないそうです。でしょうね。