新型iPad Proの噂まとめ:M2チップ搭載なるか?日本での価格や発売日は?

  • 31,636

  • author 小暮ひさのり
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
新型iPad Proの噂まとめ:M2チップ搭載なるか?日本での価格や発売日は?
Image: Apple

いつアップデートされるの?

最上のタブレット体験であり、最上のクリエイティブな体験を詰め込んだ、Apple(アップル)のiPad Pro。

最後のアップデートは2021年4月で、今年も? と期待していたんですけど、とんと音沙汰なし。出るのかい!出ないのかい!どっちなんだい! と気になって夜しか眠れない人も多いと思います。でも、どうやら準備はしているみたいで、ちらほらと新型iPad Proの噂も聞こえてきました。

そこで! ここではみんなが気になっている新型iPad Proの情報をまとめておきましたよ。新情報が出るたびにアップデートしていくので要チェックです。

【目次】

  1. 新型iPad Proの発売日
  2. 新型iPad Proのチップ
  3. 新型iPad Proのディスプレイ
  4. 新型iPad Proのデザイン/カラバリ
  5. 新型iPad Proのバッテリー
  6. 新型iPad Proの価格
  7. 注目したい新機能
  8. まとめ

新型iPad Proの発売日:2022年秋に登場かも?

昨年は4月のアップデートでしたが、今年は秋に動きがありそうなんです。

具体的な日にちはわかりませんが、秋といえば…iPhoneやAppleWatch発売の季節。そこにiPad Proも一緒に?しかも噂によるとMac製品も出るという噂もあるので…。うーわ、そんなんもうApple収穫祭じゃないですか!

まぁ、まだ噂の話。確定情報ではないんですが、今のところ秋を目安に身構えておくといいかもしれません。

新型iPad Proのチップ:M2チップが搭載されるかも?

M2-preview-GB5-single
Image: Macworld

現行のiPad ProにはAppleシリコンのM1チップが搭載されています。そして次期iPad Proには?というと、現在のところ未発表の「M2チップ」が乗るという噂あり

M2チップの仕様や性能に関してはまだ公にされていませんが、M1チップと比べると順当にアップデートされているのは確か(参考までにM2チップのスペック予想がこちらです)。個人的には、このM2チップを乗せるために、4月ではなく秋のアップデートにスケジュールを調整した可能性もあるよねーって。

新型iPad Proのディスプレイ:ついに全モデルminiLED化かも?

2022-04-20ipk02
Image: Apple

画面の進化も気になるポイント。次期モデルでは両モデルともminiLED化されるという噂も聞こえています。

そう、現行モデルって、12.9インチモデルがminiLEDの「Liquid Retina XDRディスプレイ」で、11インチモデルは通常のLEDバックライトで「Liquid Retinaディスプレイ」と、インチによってディスプレイ品質が異なるんですよね…。

そのため、高輝度なXDR体験が欲しいなら12.9インチを選ぶ必要があってお高い!ってなっちゃってたんだけど、次期モデルでは、どちらを選んでも同じディスプレイ、同じ体験を得られる…のかも? ここは本当に期待したいなぁ。

ちなみに、有機EL化も期待されますが、どうやらその計画は2024年になりそうな雰囲気です。

新型iPad Proのデザイン/カラバリ:ノッチ付く?15インチモデル登場?

shutterstock_1059213896
Image: Dedi Grigoroiu / Shutterstock.com

デザインについての話題もちらほらと。中にはベゼルが狭くなり、iPhoneのようにインカメラはノッチ式になるかも?なんて噂15インチモデル登場か?なんて噂まであって、ちょっとざわついています。

でも、15インチモデルが出るとしても今年じゃないようですし、ノッチは…どうなんでしょうね? ベゼル狭くなるのは歓迎だけど、タブレットでノッチ採用してまでベゼルを攻める必要性、個人的には無いかな〜って。特に映像見るときに邪魔になりそうで…。みなさん的にはどうでしょう?

カラバリに関しては、現行モデルはシルバー、スペースグレイの2色。iPhoneやiPad Airのようにカラバリ増えてもいいかなーって思うんですが、さて…。

新型iPad Proのバッテリー:MagSafe対応する?

現行モデルのバッテリーは、11インチモデルが28.65Wh、12.9インチモデルが40.88Whとなっていて、Wi-Fiでのビデオ再生が最大10時間。

新型iPad ProにM2チップが搭載されると仮定しても、処理能力が向上しつつも省電力性は担保されているはずなので、バッテリー容量は変化するかもしれませんが、最大駆動時間はおおよそ現行モデルと同じになると予想できます。

また、一時期MagSafe充電に対応するかも?なんて噂もありましたが、最新の情報によると背面をガラス化することで耐久性に問題が生じたそうで、MagSafe化は見送られたという話…。Oh…。

新型iPad Proの価格:現行モデルと大きな変化はなさそう?

で、肝心なのがいくらなんだい?ってところですよね。こればっかりは発表されてみないと…ですが、ひとまず現行モデルの価格は以下となっています。

・11インチモデル…9万4800円から(128GBモデル)

・12.9インチモデル…12万9800円から(128GBモデル)

次期モデルのストレージのスタートが何GBからか?にもよるけど、現時点での僕の予想だとほぼ変わらず…でしょうかね。ただ、円相場の影響が出てくる可能性があるので、こちらに関しては本当に発表当日までわかりません。

まぁ、ざっくり10万円から!みたいな感覚で予算確保しておくといいかも。

注目したい新機能:アプリのウインドウ表示やゲストログイン機能が増える?

FN5JJLJXoAAx95z
Image: Majin Bu (Twitter)

iPad ProをPCライクに使いたい!という方に朗報なのが、将来のiPad OSにアプリのウィンドウ化機能が追加されるかも?という噂

「Apple Mixer」と呼ばれるこの機能は、普段はアプリがフルスクリーンで表示されますが、キーボードやトラックパッドを接続すると、アプリが縮小表示(ウインドウ化?)されるとのこと。うーわ、これめちゃくちゃ便利じゃないですか? もうそれはPCじゃん。

PCライクといえば、ゲストログイン機能やXcodeやLogic Pro、Final Cut Proといったクリエイター向けのアプリがリリースされるという噂も。

これらは新型iPad Proに限った話ではなく、iPad OSのアップデートで降ってくる可能性がある機能なので、現行モデルの方も楽しみにしてましょう!

まとめ:プロセッサの変更は期待大! 今年も最強のタブレットとなるかも?

原稿執筆時点での情報は、まだまだ不透明な物が多く「これだ!」と断定はできません。しかし、これまでのAppleプロダクトの流れを見ていると、おそらくM2、もしくはそれに準じるプロセッサへの変更は確実。

少しでも処理能力が欲しいなら、そしてまだ見ぬM2チップを期待するのであれば! 新型の登場を座して待ちましょう! 2022年秋、たぶん、出ます!

Source: Apple