パカッと開けたらごはん…じゃなくて、コダックのフィルムケースでした

  • author 塚本直樹
パカッと開けたらごはん…じゃなくて、コダックのフィルムケースでした
Image: Amazon

ビビッドカラーもグッド。

最近は写真といえばスマホやデジカメで撮影するのが当たり前になりましたが、かつてはフィルムカメラとそのフィルムをえっちらおっちらと持ち運んだものです。当時はフィルムがかさばって仕方がなかったのに、今となってはその手間が懐かしかったり…。

そんなときに便利なフィルムケースとして、コダックから10/8ロールが収納可能な「KODAK 120/135」が販売されていますよ。

120フィルムも収納可能

Image: Amazon

KODAK 120/135はタフネスなスチール素材にて、135フィルム(35mmフィルム)を縦置きで10本、ブローニー用の120フィルムなら横置きで8本収納できるケース。プラスチックのインナーケースにてフィルムの整理整頓もおまかせです。またケースのカラーも、ブルー×イエローやイエロー×シルバーの派手なものから、オリーブやブラック、ベージュなどシックなものまで揃えられています。

KODAK 120/135はアマゾンにて3,300円にて販売中。このケース、フィルムだけでなくお菓子を入れたり、あるいはケーブルやモバイルバッテリーを入れたりと、意外と応用が効きそうな印象です。

※価格など表示内容は執筆時点のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Source: Amazon( 1, 2, 3, 4, 5)

    あわせて読みたい