LEGOとEpic Gamesが子どものためのメタバースを作るって。相性良さそう

  • 5,569

  • author 中川真知子
LEGOとEpic Gamesが子どものためのメタバースを作るって。相性良さそう
Image: LEGO&Epic Games

LEGOってだけで食指が動く。

Epic GamesがLEGOと共にファミリーフレンドリーなメタバースを作るんですって。

Epic Gamesの発表によると、両社は、あらゆる年齢のプレイヤーが没入感を楽しめて、想像力を刺激するデジタル体験を実現させるためにチームを組んだそうです。

でも、どんな内容になるんでしょう? 『マインクラフト』みたいに自分達で何か作る、とか? それとも、『RobLox』みたいなプラットフォームだけど、LEGOのブロックが使えたりするとか…?

色々と疑問が湧いてきますが、LEGOとEpic Gamesは、次のような三原則を掲げているみたいですよ。

LEGOとEpic Gamesの三原則

・安全で「ウェルビーイング(健康や幸福)」を最優先にして、子どもたちの遊ぶ権利を守ります

・子どもの利益を1番に考えて、プライバシーを守ります

・デジタル体験をコントロールできるツールで、子どもと大人に力を与えます

理想的かも

安全とか、プライバシーとか、子どもの利益とか、保護者が嬉しくなるような言葉がありますね。

ちなみに、LEGOグループのCEOであるNiels B Christiansen氏は、次のように語っています。

「デジタル体験を通じて、子どもたちが想像力や協調、意思疎通といった、生きる上で重要なスキルを育む可能性があると信じています。

とはいえ、全ての人にとって有益で、刺激的で、安全に作る責任があります。

私たちは、何世代にもわたって子どもたちが安全に遊ぶ権利を守ってきました。それはデジタルになっても同じだと約束します。

Epic Gamesと共に、ワクワクして遊び心がある未来を作っていくのを楽しみにしていますよ。」

(Epic Gamesのリリースより一部抜粋)

そして、Epic Gamesの創設者でありCEOの Tim Sweeney氏は以下のように話しています。

「Epic Gamesは、世界中のプレイヤーと開発者がオープンに使えるクリエイティブツールや没入型の世界を構築する技術を持っており、これまでにもゲームや音楽、コラボレーションなどを通じて、人々を繋いできました。

また、2020年には、16歳未満の子どもたちに安全なデジタル体験を提供するために作られた技術先駆者の「SuperAwesome」を買収しています。開発者が、年齢に応じたオンライン体験を開発できるように尽力しています。

(Epic Gamesのリリースより一部抜粋)

LEGOのCEOの言う、「デジタルになっても同じだと約束します」は頼もしいですね。LEGOブロックの耐久性や普遍的な楽しさを思い出すだけで、期待値が上がります。

乳児の子どもにレゴ・デュプロを与え、今ではレゴSpikeのプログラミングツールをやらせている筆者としては、ローンチしたら速攻アカウント作り不可避だなー。

Source: Epic Games

    あわせて読みたい