荷物へのアクセスも快適なセミハード系バックパック「niid Decode DB」

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author kotoha ozawa
荷物へのアクセスも快適なセミハード系バックパック「niid Decode DB」
Image: ilprimocom

こちらは、ギズモード・ジャパンが所属する(株)メディアジーンのコマースチームが編集・執筆した別企画の記事です。

ビジネスでもプライベートでも大活躍のバックパック。

基本的には上から荷物を詰めていくため、底に収納したアイテムは取り出しにくいことが多いですよね。そんな課題も気にならないバックパック「niid Decode DB」が姉妹サイトmachi-yaに登場しました。

型崩れしにくい構造や用途に合わせて荷室を分割できる機能など機能性も充実しているとのことですので、新生活の相棒に良さげかもしれませんよ。

ということで、早速詳細をチェックしてみましょう!

Video: イルプリモ株式会社/YouTube

最大3分割できるコンパートメント

d688f01f-e821-477c-935b-8f1fa6676490
Image: ilprimocom

「niid Decode DB」は大きな1つのコンパートメントが標準仕様ですが、用途に合わせて3通りの使い分けが可能になっています。

1643584673767.png
Image: ilprimocom

具体的には上部の折りたたみ式ポケットを展開することで上段と下段の2分割仕様になり、下段に間仕切りを追加することで3分割モードになるようです。

2022-01-20_11-04-30.jpg
Image: ilprimocom

間仕切りは緩衝材の役割も果たすため、カメラバッグのようにボディとレンズを分けて持ち運ぶのもOKだそう。

アイテムへのアクセス性能が高い

_C9A4481-2000.jpg
Image: ilprimocom

冒頭で底の荷物の取り出しにくさの話をしましたが、「niid Decode DB」はその心配も無用なようです。

写真のようにサイド部分がダブルファスナーで開くことができるため、どの荷物でも素早くアクセスできるのが特長となっています。

2022-01-20_11-15-43.jpg
Image: ilprimocom

背負いながらだと取り出しにくい奥のアイテムも片掛けにしてサッとアクセスが可能。

コンパートメントを分割すれば荷物も混ざらないため、小物でもボトム部分に収納することができそうですね!

2022-01-20_11-03-32.jpg
Image: ilprimocom

メイン部分は180度フルオープンにもできるためパッキングもしやすそうですね!

細かな機能で使い勝手をアップ

2022-01-20_10-38-45.jpg
Image: ilprimocom

「niid Decode DB」は小物などの収納も充実しているようです。

必需品のPCやタブレットは背面側に専用スペースがあり、荷室を分割してもそのまま利用がか可能になっています。

また蓋側には視認性の高いメッシュポケットもあるため、ケーブルや充電器などのガジェット収納に良さそうですね。

57be4cfb-8ca9-43fb-b8b6-705170601206
Image: ilprimocom

他にも便利機能として中継用のUSBケーブルが備わっています。

最近ではMagSafeやQiなどの無線充電も増えましたが、どんな機種でもどんなモバイルバッテリーでも使えるケーブル充電はあって損はない機能かと思いました。

筆者は手も大きくなく、スマホと同時に持ち歩くと落としそうなので移動中などはケーブル充電の方が助かります。

7b569123-b898-432b-87b2-c78660f4c04d
Image: ilprimocom

止水ファスナーと強力な撥水性が備わった生地によってペットボトルから勢いよく水をかけても濡れないそう。

この性能であれば多少の雨風は防いでくれそうですね。

カラーは2種

22e62900-504c-4efa-871e-bbac965609ec
Image: ilprimocom

カラーはどんな服にも合わせやすいブラックグレーの2色展開。

ジッパーのラインと素材感で個性あるデザインに仕上がっているので、定番な形に飽きてきた方にはオススメかもしませんね!


機能も充実のクールなセミハード系バックパック「niid Decode DB」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では単品が30%OFFの13,800円(送料・税込)からオーダー可能でしたので、気になった方は下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

Source: machi-ya

    あわせて読みたい