ヴァーチャル世界の棒的なものを触ることができるVRコントローラー

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
ヴァーチャル世界の棒的なものを触ることができるVRコントローラー
Screenshot: MAKinteract / YouTube

エロいこととかまったく考えてません!

ヴァーチャルな世界、メタバースの世界をよりリアルに感じるには何が必要か。視覚・聴覚はもちろんですが、触れる感覚というのも外せないと思います。そのためにいろいろな方法・コントローラーが開発されていますが、韓国科学技術院(KAIST)が開発したやつがなかなかどうして気になるきわどさ。

回転ディスクで触覚を再現

KAISTのMAKinteract Labが開発したVRコントローラー「SpinOcchio」は、2本の指と指の間にあるものを再現するため、ハプティック技術を利用したもの。VR世界のモノの太さ・厚さ、指と指の間をすり抜けるような感覚を、コントローラーに仕込まれたディスクをスピンさせることで再現しています。紹介動画を見るとわかりやすいのですが、どうやら棒状のものを再現するのが得意なようですね。

Video: MAKinteract / YouTube

VR世界で棒状のモノをさすさすっと触るといえば…そうです、バーチャル陶芸教室なんて最高ですね。ツボや背の高いグラスなど複雑な形状も再現できますし、VRお教室として非常にリラックスできそうです。まぁ、どう使うかは人それぞれでしょうけど…。

SpinOcchioは、今月末から5月上旬に開催されるCHI 2022カンファレンスにて発表を予定していますが、論文はすでに公開されています。

    あわせて読みたい