アップルピンチ!? どうするiPhone!? EUでのUSB-C義務化が一歩前進

  • 8,714

  • author 塚本直樹
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
アップルピンチ!? どうするiPhone!? EUでのUSB-C義務化が一歩前進
Photo: Shutterstock.com

個人的には大歓迎。

iPhoneといえば本体下部のLightningコネクタ。他のAndroidスマートフォンだけでなく、さまざまな周辺機器がUSB-Cへと移行しても、Apple(アップル)の頑なさは変わりません。「早くUSB-C搭載iPhoneを売ってくれ!」と願っているのは、あなただけではないはずです。

そんな世相に後押しされたかのように、EUにてモバイル機器へのUSB-Cポートの搭載を義務化する法案が賛成多数で可決されたのです。

スマートウォッチは例外扱い

今回の法案は、欧州会議の域内市場・消費者保護委員会にて投票されたものです。その結果は賛成43票、反対2票と圧倒的。このUSB-Cポートの搭載はすべての新しいスマートフォン、タブレット、ラップトップ、デジタルカメラ、ヘッドホン、ヘッドセット、携帯ゲーム機、ポータブルスピーカーが対象。一方でサイズが小さすぎるスマートウォッチやヘルストラッカーなどは対象から外れています。

今回の法案の可決によって、いきなりLightningポートを搭載したiPhoneが消える…というわけではなく、今後は欧州委員会が法案を認証し、さらに最終的な指示を加盟国と協議する必要があります。どうやら今年のiPhoneでもLightningポートが採用されるようですが、早めのUSB-Cへの移行、期待していますよ!

Source: MacRumors