MOBOのキーボード、iPad miniにぴったりな理由がもうひとつあった

  • 34,443

  • author amito
MOBOのキーボード、iPad miniにぴったりな理由がもうひとつあった
Photo: amito

ありがたいレア仕様。

iPad miniにぴったりだと話題の「MOBO Keyboard2」。最近多く見かける折りたたみ式のBluetoothキーボードですが、ほかの製品と大きく違うところが。

それは充電ポートがUSB Type-Cだということ。「もうキーボードのためだけにMicro USBを持ち歩かなくていいんだ!」 この事実だけで即買いしました。メーカーのみなさん、充電規格はここまで人の心を動かします

20220408_mobo_0006

実物が届いたので触ってみました。折りたたみは壊れやすいと聞きますが、開いたり閉じたりする動作はスムーズでしっかりしている感触。思ったよりも安っぽさは感じません。

20220408_mobo_0002

20220408_mobo_0003

20220408_mobo_0004

右手側の一部の記号キーを除いて、キーの大きさはMacBook Airのものと大差ありません。そのおかげで誤タイプすることも少なく、パンタグラフ式キーの打鍵感もかなり気持ちいい部類だと感じました。

20220408_mobo_0005

左右にキーボード全体の高さを合わせるための、開閉式の脚がついています。折りたたみ式キーボード特有のカチャカチャしたおもちゃ感がないのは、コイツのおかげのようです。

iPadOSでUS配列かつ「英数/かな」キーが使えるキーボード

iPad miniにつないで試していたら、macOSでお馴染みの「英数/かな」キーによる入力切替が使えることに気づきました。これは結構レア。特にMacの日本語キーボードに慣れている人にはありがたい仕様です。

20220408_mobo_0001
スペースの左右にあるのが英数/かなキー

20220408_up
US配列時に何が入力されるか、黒背景で印字されている


iPadOSの制限上、外付けキーボードは強制的に「US配列(英語配列)」として認識されます(Apple純正品や一部のキーボードを除く)。

この場合、MacでJIS配列(日本語配列)に慣れている人が特に困るのが入力切替。US配列の「Ctrl + Space」で行なう入力切替に慣れるのが大変なのです。

JIS配列では「英数」を押せば英語入力、「かな」を押せば日本語入力といった感じで2つのキーを使って入力切替をします。押すたびに切り替わるUS配列の方式よりも、「今どの入力言語なのか」が把握しやすいのです。これに慣れてしまうと、同じキーで交互に言語が切り替わる仕様に戻れなくなります。

20210629_7924-01_w1600-1024x703

この英数/かな方式は愛好者も多く、わざわざUS配列キーボードの左右のCommandキーを英数/かなとして使えるようにするMacアプリが存在するほどです。Windowsも最近、同じ位置にある変換・無変換キーを入力言語の切り替えキーに割り当てられるようになりましたね。

しかし、iPadOSでは英数/かな方式が使えるのはApple純正のJISキーボードなどごく一部のみ。強制的にUS配列として認識されてしまうと、英数/かな方式を使う手段がありませんでした。それが、MOBO Keyboard 2はなぜかUS配列状態でも英数/かなキーが使えてしまうのです。中の人がかなりMac・iPad好きな気がする。

ということで、USB Type-Cかつ英数/かなキーが使えるMOBO Keyboard 2、買ってよかったです。

20220408_mobo_0007
ケースはスタンドにもなります。キーボード重量は280g、ケースと合わせて452g。

MOBO Keyboard 2 ほしい?

  • 0
  • 0
Amazon

シェアする

    あわせて読みたい