ニコンがZ9のファームウェアアップデートを予告。ついに8K動画のRAW内部記録が来るッ!

  • author ヤマダユウス型
ニコンがZ9のファームウェアアップデートを予告。ついに8K動画のRAW内部記録が来るッ!
Image: Nikon

はじまっちゃうな、これは。

ニコンのフラッグシップミラーレス「Z9」の最新ファームウェアとなるバージョン2.00が、2022年4月20日に配信されると発表がありました。目玉となる更新は、やはり動画撮影まわりの強化。映像クリエイターにとっては待望のアプデですよ!

カメラだけで8K動画が撮れるように

バージョン2.00では、12bit撮影でのN-RAW(ニコン独自のフォーマット)とProRes RAW HQでの内部記録が可能になります。N-RAWは8.3K/60pおよび4.1K/120pまで、ProRes RAW HQは4.1K/60pまで記録可能です。N-RAWはProRes RAW HQの半分ほどのファイルサイズのようなので、このくらいまでイケちゃうわけだ。

どちらの撮影においてもフルHDのmp4プロキシが生成されます。推奨されている記録媒体は「ProGrade Digital COBALT 650GB」と「ProGrade Digital COBALT 325GB」。このSDカードは最低持続書込み速度が1,400MB/sなので、それくらい要るんでしょう。8K撮るならSDカードもお忘れなく。

他にも動画撮影に便利な機能が追加されます。撮影中の赤枠表示、フレームレートや音声レベルの確認ができる動画情報表機能、被写体の明るさを表示するウェーブフォームモニターなどなど。さらにMモード時には、1/6段単位で露出調整が可能に。

静止画に関するアップデートでは、ハイスピードフレームキャプチャ+にて静止画を撮影する際、シャッターを押してから最大1秒間まで遡って記録する「プリキャプチャ機能」が追加されます。フルサイズミラーレスでは初めてなんだそう。また「ニコンD6」に搭載されている17種類のグループエリアAFが、カスタムワイドエリアAFとして搭載されます。静止画で20種類、動画は12種類から選択可能です。多いよー!

他にも、連続撮影の静止画を1枚の写真にする「比較動合成」や、動画再生時に一連のフレームを切り出してjpg画像として保存できる「一括フレーム保存」が追加されたりと、新機能が盛りだくさん。Z9の本気はここからだって感じのアップデートですね。Z9は人気ゆえに今予約しても半年以上先、あるいは来年のお届けになるとも言われていますが、これだけの性能なら待つという人も少なくないでしょうね〜。

Source: Nikon

    あわせて読みたい