日産リーフの再生バッテリーは、やがてポタ電へと転生する

  • 9,255

  • author 小暮ひさのり
日産リーフの再生バッテリーは、やがてポタ電へと転生する
Image: JVC ケンウッド

バッテリーがエコな再就職。

最近人気のポタ電。各社最新の技術を使ってさまざまなモデルを開発していますが、こんなユニークな取り組みも。

日産とJVCケンウッド、フォーアールエナジーの3社が取り組むのは、日産の電気自動車「日産リーフ」の再生バッテリーを利用したポータブル電源

日産がノウハウを提供し、JVCケンウッドがポータブル電源の知見を活かして、設計と製品開発。「日産リーフ」の再生バッテリーを取り扱うフォーアールテクノロジーが、製造時にCO2発生のないバッテリーをポタ電として二次利用するための開発を行なうとのこと。

現在はまだ開発中で、トップ画像はまだ試作品とのことですが、廃車してもまだ元気なバッテリーが、別の用途に向けて転生できるのであれば、サステナブルな社会に向けたよいサイクルが生まれそう。

「俺のポタ電? 日産だよ」

とかちょっとドヤれる気がしません? しないか! でも、バックグラウンドを知ってると、なんだか気分がいいよね。

Source: JVCケンウッド via 価格コム

    あわせて読みたい