7色に咲きました。TechnicsのDJ用ターンテーブルが50周年記念モデルになってお目見え

  • 5,247

  • author 武者良太
7色に咲きました。TechnicsのDJ用ターンテーブルが50周年記念モデルになってお目見え
Image: パナソニック

歴史を感じます。

トルクフルなダイレクトドライブに、タフな設計がウケにウケて、世界中のDJが愛用しているTechnics(テクニクス)のレコードプレーヤー・ターンテーブル「SL-1200」シリーズが、ついに50周年を迎えました。実のところ初代はピュアオーディオ用でDJ用ではなかったのですが振動に強い構造と扱いやすさから大ヒット。二代目の「SL-1200MK2」からフェーダー式のピッチコントローラも備え、タフな現場で酷使できるDJモデルへと生まれ変わりました。

新たに発売される「SL-1200M7L」は、2019年にデビューしたSL-1200MK7をベースとした50周年記念限定モデル7色ボディで、全色合わせて1万2000台のみ生産されます。金色トーンアームシリアルナンバー付きプレートが、普通のSL-1200MK7とはひと味違うぞとアピールしていますね。

colors_01_l
Image: パナソニック

シックな色合いのブルー。

colors_02_l
Image: パナソニック

キャッチーなレッド。

colors_03_l
Image: パナソニック

モダンなインテリアとマッチするホワイト。

colors_04_l
Image: パナソニック

夜の都会を彷彿とさせるブラック。

colors_05_l
Image: パナソニック

ミリタリーカラーのグリーン。

colors_06_l
Image: パナソニック

色鮮やかなイエロー。

colors_07_l
Image: パナソニック

落ち着きのあるベージュ。どの色も強い個性の持ち主です。

お値段は1台12万円(税込)、発売は5月下旬を予定しています。ベースモデルのSL-1200MK7は9万9000円ですが、ゴールドカラーロゴ入りのスリップマット、 記念デザインのテクニクスステッカー、本体と色を合わせたコントロールバイナル用ステッカーも付属します。SL-1200ファンごころがわかっているセットですし...程度が悪くないように保管しておいたら、後から値が上がるだろうなあ...。

Source: パナソニック

    あわせて読みたい