teenage engineeringの新製品は、かっっっこよすぎるミキサー

  • 12,953

  • author ヤマダユウス型
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
teenage engineeringの新製品は、かっっっこよすぎるミキサー
Image: teenage engineering

モノとして美しすぎる…。

スウェーデンを拠点とする電子楽器メーカー、teenage engineering。そのデザイン美学は、IKEAとのコラボやクランクが特徴的なPlaydate、そしてNothingの透明イヤホンなど、あらゆるプロダクトの魅力を引き立ててきました。

でも、やっぱり電子楽器に関する新製品も見てみたいな〜。なんて思っていたら、久しぶりに楽器に関する新製品「TX-6」が発表されました。一見すごくシンプルなガジェットですけど、コレもまたやべぇシロモノな予感ですよ。

Video: teenage engineering/YouTube

持ち出して使える、最小のフィールドミキサー

「TX-6」は、オーディオインターフェース内蔵でバッテリー駆動する、6チャンネルステレオミキサー。つまりは楽器やマイクなどの入力デバイスの出力を一元管理するデバイスです。ミキサーといえば音楽だけでなく、最近はゲーム配信や動画配信に活用されていますね。では「TX-6」の特徴はどこにあるのか。

220422tx6_02

まずはそのコンパクトさとビルドクオリティ。アルミ筐体に背面レザー仕上げ、そんでもって手のひらサイズのミキサーって時点でWow! ですよ。というのも、「TX-6」はポータブルに持ち歩いて使うことを想定しているんです。普通、ミキサーってデスク上にどどんと鎮座するものなんじゃないの!?

また、ミキサーのクセして内蔵音源を持ってます。ドラムマシンサウンドと波形を4つずつ持っていて、単体での演奏可能。ファンクションメニューから音源を選び、内蔵シーケンサーを選ぶとフレーズが演奏されます。波形モードにすると6つのchそれぞれでドローンサウンドを生成可能。楽器チューナーも搭載。

Video: teenage engineering/YouTube

ミキサーとしては、EQやコンプ、AUXセンド、キュー、デジタルエフェクトを内蔵しています。出力端子はヘッドフォン端子とヘッドセット端子、それからUSB Type-C端子を搭載。Yケーブルを使えばLRに分けられますね(公式からも発売予定)。USBはMIDIに対応し、MFi認証持ちなのでiOSとの連携も強し。

プロダクトとしてとにかくカッコいい「TX-6」。ただし、そのお値段は1,199ドル(約15万3000円)と、選ばれし者プライスです。POシリーズやvolcaのような持ち歩きしやすい楽器を繋ぐには最適ですが、そうしたガジェット系シンセを繋ぐには高級すぎる気も…。

まぁでも、コイツは一目惚れで買っちゃっても満足度高いでしょうね、うん。ちょっと頑張れば「OP-1」に手が届くけど、あえてこのアルミミキサーでミニマムな環境を作るのも、我が道を行くスタイル。心の満足度が高ければ演奏欲求も高まるってなもんですよ。

Source: TX6, teenage engineering