TikTok強すぎ!広告収益がTwitterとSnapchatを足した額を上回る

  • author Shoshana Wodinsky - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
TikTok強すぎ!広告収益がTwitterとSnapchatを足した額を上回る
Image: DANIEL CONSTANTE / Shutterstock.com

TikTok >>> Twitter & Snapchat

昨今のトレンドはほぼすべてTikTok発であり、若者に最も人気があるのはもちろんTikTokで、もはや最強なのはわかってましたが、まさかここまでとは。最新レポートで、TikTokの広告収益がTwiiterとSnapchat有するSnap Incを足しても敵わないところまで上がってきていることがわかりました。

アナリストによるレポートによれば、今年のTikTokのグローバル広告収益は116億ドル(約1兆4500億円)になる見通し。これは昨年の3倍で、Twitterの55.8億ドル(約6990億円)とSnap Incの48.6億ドル(約6100億円)の合計を上回る数字です。レポートによれば、うち60億ドルはアメリカの広告主からによるものになるだろうとのこと。

まぁ、当然の流れでしょう。2022年にZ世代にリーチしようと思えばTikTokが最強。トレンドだけでなくフェイク動画や危険なチャレンジ系もでており、政治的文化的に物議をかもすプラットフォームでもあるので、一部広告主が多少尻込みしたとしても、TikTokの強さは、きっと揺らがないでしょう。

広告収益爆増予想には理由があって、今年のTikTokは広告周りを強化予定。暗号通貨系広告をベータテスト中だし、検索結果の広告表示やEコマースTikTok Shoppingもテスト中。ARエフェクトをいれこんだAR広告も今年後半にはスタート予定。つまり、今までMeta・Google(Alphabet)・Amazonがやってきた、できる限りあちこちに広告ぶっこんでいく道をTikTokも進もうとしているわけです。YouTubeやGoogle検索などを含むAlphabet関連の昨年の広告収益が2180億ドル(約27兆3400億円)だそうなので、TikTokがこの道を行きたがるのもわかりますが。