ハイスペック&ZEISSカメラの「Vivo X Fold」、フォルダブルの中でも(比較的)コスパ良し

  • 11,126

  • author 小暮ひさのり
ハイスペック&ZEISSカメラの「Vivo X Fold」、フォルダブルの中でも(比較的)コスパ良し
Image: Vivo via TheVerge

キュンキュンのハイスペックでコスパ良さそうなんだが……。

いつもはコンパクトで、開いて大画面! 折りたたみ(フォルダブル)スマホ。メジャーではないものの、今ではいちスマホのジャンルとして結構定着しましたよね。

そして中国のスマホメーカーVivoもまた、フォルダブルスマホ「Vivo X Fold」を発表しています。Vivo初のフォルダブルとなりますが、最初からガチでスペック勝負しています。

SoCはSnapdragon8 Gen 1で、折りたたみ状態の縦長画面(6.53インチ)と、内側に展開する大きな画面(展開時8.03インチ)という画面構成。リフレッシュレートは120Hzとヌルヌルなやつ。

充電速度もワイヤレスで50W有線で66Wと超高速で、外と中の両画面にディスプレイ内蔵式の指紋センサーが搭載されているなど、ユーザビリティ的にも申し分ないですねー。

2022-04-14vik01
Image: Vivo via TheVerge

また、背面カメラは50MPのメインカメラを備えた4眼構成、青く輝くZEISSの文字が眩しいぜ…。そしてインカメラはパンチホール式とのことで、すべてが今ドキのフラッグシップ感モリモリです。

Galaxyよりも安いけど、(今の所)買えない

この折り畳んでも展開しても使えるというデザインのコンセプトはGalaxyと似ていますね。実際折り畳んで片手で使いたいシーンもあるし、ユーザビリティ的には割と理にかなったデザインかなと。まぁ、画面が増えて値段高くなっちゃうけどね。

でもでも! 「Vivo X Fold」は12GB RAM、256GBストレージモデルで8,999元(約1,413ドル=約17万7322円)からと、Galaxy(キャリア版でGalaxy Z Fold3 5Gは23万7600円)と比べてらだいぶ安いんです!

ただ大きな問題として、「Vivo X Fold」が中国でのみの取り扱いってことですかね。うん、そうなんだ。現状、この画面に映っているフォルダブルは、絵に描いた餅なのです。

いつか国内上陸……しますかね?

Source: THE VERGE

    あわせて読みたい