頭痛、今この瞬間に7人に1人が苦しんでいる(泣)

頭痛、今この瞬間に7人に1人が苦しんでいる(泣)
Photo: Shutterstock

頭痛って本当に辛い。この世からなくなってくれー!

世界の半分の人が頭痛に悩まされているという話ですが、ノルウェーとイギリスの脳研究者チームが行った最新レポートでは、毎日7人に1人が頭痛に苦しんでいることがわかりました。もうね、泣くしかない。

The Journal of Headache and Painに掲載された論文は、同じチームが2007年に発表した論文のアップデート版。2020年までに発表された350を超える研究を読み込み、頭痛傾向・流行を調べました。それによると、世界の約半分、52%の人が毎年頭痛を経験しており、内訳としては男性よりも女性の方が多いそうです。26%は緊張型頭痛、14%は偏頭痛、5%の人は月平均15日以上も続く頭痛に苦しまされていることもわかりました。

一方で、頭痛に関するレポートを読めば読むほど、数字に大きな開きがあることも明らかに。これは、頭痛に関するアンケートの取り方、質問の仕方が幅広すぎることが影響しているということですが、これを踏まえても、近年、頭痛というものがより一般的な悩みの種になってきていること、地域によって差があることは確か。

理由として、大気汚染やストレス、民族による遺伝的要素が考えられるものの、現段階では頭痛の原因特定には至っていません。

論文執筆者でありノルウェー科学技術大学研究員のLars Jacob Stovner氏は、「確かなのは、頭痛は世界的に高い流行にあり、大きな重荷になっているということです。将来的には、多様性あるグループにおいて、さまざまな頭痛の原因を解析し、より効果的な予防策、治療を研究していきたいです」とコメントしています。そのためには、頭痛度合いや種類を図る共通の尺度や、先進国だけでなくおyり広い地域でのヒアリングが必要になっていきます。

…でも、本当がんばってください! 心から応援しています。頭痛のすべてが解明され、予防策もわかって、このズキズキどよーんから解放される日が1日も早くやってきますように!

Source: The Journal of Headache and Pain

    あわせて読みたい