将来はドローンが飛び交う都市へ。2040年の東京ベイエリアが未来感たっぷりです

  • 5,800

  • author 大野恭希
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
将来はドローンが飛び交う都市へ。2040年の東京ベイエリアが未来感たっぷりです
Image:東京都
Amazonブラックフライデーセール開催中!<いますぐ会場へ>

やっぱり空飛ぶクルマはまだ先か......。

東京都は、50年先・100年先を見据えた東京の未来都市像「東京ベイeSGプロジェクト」を発表。その中で、2040年代の東京ベイエリアの具体的な都市像をイメージとして出しています。これがまたかっこよく、子供の頃に夢見た空飛ぶ自動車はないものの、ドローンが飛び交う様子が見れます。

20220517tokyo_bayarea3

未来都市像として、数点イメージが掲載されており、その中のひとつがこちら。建物に緑がわんさか生えていますね。海?はやけに透き通っていますし、東京湾の水きれいになるのかな(インドアすぎて東京湾を見ることがない)?

20220517tokyo_bayarea2

別カットからもう一枚。とりあえず、建物の屋上には緑を置くのが定番の様子。

長めに書かれているPDFには、「海と緑の環境に調和したサステナブルな次世代都市としてのベイエリア」という項目があります。さくっと見ていきましょう。

20220517tokyo_bayarea4

いま世界は、気候変動によって地上の平均気温が約2度上昇した場合、平均海面水位は0.59m上昇するといわれ、新型コロナによってリモートワークの定着とデジタル化への進展が見られ経済・社会ともに新たなステージに立っているとしています。

そんな中、東京の役割として、国家競争力を決定づける立ち位置、国の発展を牽引する使命があるとして、東京ベイエリア(台場・新木場・城南島あたり)は、気候危機に対応しながら海と緑を調和した次世代都市として発展していくことを描くそうです。

2022年現在、東京ベイエリアにはじゃがいもが落ちていることもあるそうです。

しかも新じゃが。


いずれにせよ、未来感ある都市像ってわくわくしますね!

Source : 東京都