420mm/hで精密プリント! 驚速3Dプリンター「Rocket 1 Pro」

  • Buy
  • author 山科拓郎
420mm/hで精密プリント! 驚速3Dプリンター「Rocket 1 Pro」
Image: HITRY

こちらは、ギズモード・ジャパンが所属する(株)メディアジーンのコマースチームが編集・執筆した別企画の記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

精密な立体作品を作ってみたい…! 今の時代なら、3Dプリンターがあれば夢ではありません。…が、快適な作品作りには、ひとつ大きな壁がありました。

一般的にプリント速度と精度はトレードオフの関係。プロクオリティの造形物を作るには、かなりの時間がかかってしまうのが難点です。 サイズや機種によっては、1日がかりの作業になってしまう場合もあります。

しかし、現在CAMPFIREでプロジェクトを実施中の3Dプリンター「Rocket 1 Pro」を使えば、最大造形速度420mm/hの高速プリントが可能に。

新方式のDCLF(Digital continuous liquid forming)を採用した同プロダクトは、CAMPFIREでプロジェクトを実施中。執筆時点の5月初旬で、2500万円に迫る支援額を集める人気プロジェクトとなっています。

この記事では、その魅力やスゴさをピックアップしてご紹介しましょう。

Video: HITRY Japan/YouTube

DCLF方式って?

先にお伝えしたDCLFは、プロジェクトを実施するHITRY社が独自開発した次世代3Dプリント技術。

e14e2552-e503-485d-8fb2-880814cbdc7a-1
Image: HITRY

硬化部品の抵抗を低減することで、プリント速度や精度を向上させることに加え、18,000時間(約2年)以上の平均稼働可能時間を実現しています。DCLFライトを交換すれば、稼働時間が18,000時間を超えても継続して使用可能です。

樹脂表面に光を投射するプリント方式のため、スクリーンやリリースフィルムの交換が不要。消費電力を含めて、ランニングコストを低く抑えられるエコな利点もあります。

メリット多数のトップダウン型採用

e599b6ab-efc1-48ad-ae59-b852f6859408
Image: HITRY

さらに、作品の上部から造形して樹脂に沈めるトップダウン型を採用。

タンクには3.7kgまで充填剤を入れられるので、大型の作品を作ることも可能。また、この充填剤は手に触れても問題ないほか、再利用可能でリーズナブルなのも嬉しいポイントです。

コインサイズの作品なら1時間以内で完成!

6aff71fa-0c1c-4485-9dc2-4a569b00ca43
Image: HITRY

最大造形速度42cm/hのハイスピードで、コインサイズの作品なら完成までの時間は、なんと1時間足らずと驚異的。

d0cfba69-c0b1-47c7-9c0f-b591982fce52
Image: HITRY

それでいて、0.035mmのXY解像度&0.001mmのZ解像度を実現しています。

上に掲載したGIF動画では、カマキリの曲線や前脚の突起が美しく再現度されているのが、おわかりいただけるはず。表面のなめらかな仕上げも見事で、創作意欲を刺激されますよね。

なお、プリントサイズは143×89×150mmまで対応とのこと。複数のパーツを組み合わせれば、大迫力の巨大フィギュアも制作できるでしょう。

47aae319-a9b9-460e-a763-7b48f6552fc5
Image: HITRY

利用できる樹脂は現在8種類で、フィギュアはもちろん靴やイヤホン、眼鏡のフレームほか、さまざまな用途に対応。ガラスのように透明なパーツや、やわらかいスポンジのようなパーツを作ることも可能です。


a718110c-aba0-4daa-be29-1064f349d8fc
Image: HITRY

本体のタッチスクリーンからモデルを選ぶだけで、すぐにプリントを開始できる優れた操作性も魅力的な「Rocket1 Pro」。

現在、CAMPFIREで実施中のプロジェクトでは、樹脂や充填剤、ピンセットやシリンジなどがセットになったリターンを展開中。一般販売予定価格337,400円(税込)のところ、41%OFFの196,900円(消費税・送料込み)にて支援可能です。

下記リンク先ページでは、スペックの詳細や廉価版となる「Rocket1」の情報などもご覧いただけます。気になる方は、ぜひアクセスしてみてくださいね。

Image: HITRY

Photo: 山科拓郎

Source: CAMPFIRE,YouTube

    あわせて読みたい