極限の環境でも走り続けるサバイバルバイク「2X2 ULTRA BIKE」

  • 38,341

  • author 岡本玄介
極限の環境でも走り続けるサバイバルバイク「2X2 ULTRA BIKE」
Image: ROBO.SYSTEMS

世紀末のサバイバーにうってつけのウルトラ・バイク!

ロシアのROBO.SYSTEMSにて、超極太タイヤで2輪駆動のオフロードバイク「2X2 ULTRA BIKE」が作られています。タイヤの真ん中には1kW 48Vのハブモーターが前後に仕込まれているので、合計で2kWのピークパワーを出すことができ、最高時速は約48kmで走れます。

Video: Robotechnic/YouTube

液体燃料で発電しながら走れる

車体の下部にあるのが、合計1.8kWhのLiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)バッテリー。1時間のフル充電で約64kmの距離を走ることができ、防水ケース入りで-60度までの寒さに耐えます。パワーバンクとしてスマホの充電や電動工具などに給電も行えます。

そして通常ガソリンタンクにあたる部分は燃料を注いで使う800Wの発電機。電池切れになればこれで発電し、ガス欠になれば約23Lの赤いタンクから補給ができるのです。最強すぎますね。

220518_robosystems1
Image: ROBO.SYSTEMS

水上バイクに早変わり

タイヤは低空気圧で2重構造になっているとのこと。オプションで細長い浮き輪をバイクの両側にくっつければ、55kgの車重が水に浮くようになります。タイヤが水かきの代わりをするので、水上でも進めるのでしょうね。その際は時速5kmほどで進むという話です。

究極のサバイバル用バイク

「2X2 ULTRA BIKE」は最安モデルが1,990ドル(約25万7300円)INDIEGOGOなら約23万1600円とちょっと安く出資できるようになっています。とにかく楽しそうだしカッコ良い1台ですが、人類が滅亡したあとの生存者が乗るにふさわしい感じですね。太陽光や風力で発電しながら走れば、世界の果てまで行けそうです。

Source: YouTube, Instagram, INDIEGOGO via ROBO.SYSTEMS via NEW ATLAS

    あわせて読みたい