簡単だ! ソーラーパネル+ポータブル電源で、MacBook Proもゴリゴリに充電できた

  • 25,864

  • author ヤマダユウス型
簡単だ! ソーラーパネル+ポータブル電源で、MacBook Proもゴリゴリに充電できた
Photo: ヤマダユウス型

これならお外でも仕事ができますねぇ…!

アウトドアや災害時に活躍するのが、ソーラーパネル。充電器やモバイルバッテリーでおなじみのAnkerからは、最大100W出力に対応したパワフルなソーラーチャージャー「Anker PowerSolar 3-Port 100W」が発売しています。

にしても、こういうソーラーパネルってどれくらい発電できるんでしょう? 使い勝手は? ちょいとそこらの河川敷で検証してみました。天気は5月あたまにしては良好、ソーラー日和です。

ソーラーってカッコいいね

220502solaranker_02

こちらが「Anker PowerSolar 3-Port 100W」。収納時は持ち手付きの薄型デザインになり可搬性も優秀ですが、展開するとかなり大きいですね。スタンド付きで広げやすかった。重量は約5Kg。

220502solaranker_03

発電効率は最大23.5%。防水性や耐久性に優れたETFE素材を採用してます。

220502solaranker_04

ソーラーパネルは太陽に対する角度も重要。それを調整するため、パネル中央に角度合わせのためのマーカーが付いています。マーカー中央の赤丸の中に影が入るのがベストな位置なわけですね。非常にわかりやすい。ソーラー初心者でも安心です。

220502solaranker_05

背面にはポート類が配されています。左側のアダプターは同梱のXT60ケーブルを差す穴で、Ankerのポータブル電源への接続が可能。ポタ電をソーラー充電しておけば、暗くなっても電気が使えて効率的ですね。

どれくらい出力が出るのか、テスターで測定

さて、では「Anker PowerSolar 3-Port 100W」からどれくらい出力が出るのか、USBテスターを使って測ってみましょう。背面のUSB Type-Cから16インチMacBook Proに直差ししてみます。

220502solaranker_06

約5V1.8A。出力は8.91Wですね。テスターを端子部分に直差しした場合は、約5V2.8Aと出ました。Type-Cケーブルがややボトルネックになってるかもですが、後述のポタ電への給電では約70Wを叩き出しました。Macで何かしら重い作業をさせておけば、出力も高くなったかなぁ。

220502solaranker_07

今度はポタ電「Anker 535 Portable Power Station」を介して充電してみます。ソーラーパネル→ポタ電→最大500W出力のACコンセント→100WのUSB充電器→Macと繋ぐかたちです。ポタ電のUSB-Cから直接60W出すことも可能なので、14インチ以下のMacであれば充電器は不要でしょう(Windowsもゲーミングモデル等以外なら最大パフォーマンスを維持できるはず)。

220502solaranker_08

お、天井の20V出ましたね。Mac本体の充電が充分だったせいか、アンペアはかなり可変してました。数値を見る限り、充電器のフルスペックで充電できてると見て良いかな。

220502solaranker_09

ちなみに、ソーラーからポタ電への給電も問題なく行なえていました。平均して70W前後をポタ電に渡していたので、最大100Wも夢ではなさそうですよ。パネルを影で覆うと供給出力が下がる様子も確認できたので、日照量の大事さも実感できました。

太陽から無限に電気をもらえる万能感

220502solaranker_10

ソーラーパネルだけでもある程度の給電は可能なので、USB扇風機やスマホ充電など、省電力なモノは動かせるがわかりました。プラスでポタ電があればもっとパワフルな家電もどんとこい。複数のデバイスへの給電、クーラー、電気ケトルなどなど、アウトドアで使えれば便利すぎるのは言うまでもなし。

自宅の窓際やルーフバルコニーで「Anker PowerSolar 3-Port 100W」を使ってる人もいると聞きます。収納場所もそれほど困らないし、何が起こるかわからないこのご時世、ソーラーで発電できるデバイスをひとつは持っておくと、いざってときに使えるはず。モノもカッコいいしな〜。


Sources: Amazon (1, 2)
Photos: ヤマダユウス型

Ankerソーラーパネル+ポータブル電源 ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい