Google、検索からの個人情報削除や広告カスタマイズをより簡単に #GoogleIO2022

  • author Lucas Ropek - Gizmodo US
  • [原文]
  • 福田ミホ
Google、検索からの個人情報削除や広告カスタマイズをより簡単に #GoogleIO2022
Image: Sundry Photography / Shutterstock.com

プライバシー&セキュリティの気になるところに対応しやすく。

今回のGoogle I/Oではプライバシーやセキュリティ系機能がかなりいろいろ発表されて、個人情報をより保護しやすくなりました。たとえば、検索結果から個人情報をより簡単に削除したり、表示される広告をカスタマイズしたりが可能になります。

アカウントの安全度を「Safety Status」で確認

Googleアカウントをより安全にしたい場合、今日発表された「Safety Status」が役立ちそうです。プロフィール画像の横に黄色いアラートアイコンが表示され、自分の情報を安全にするための方法を提案してくれます。中で何をやってるかははっきりわからないんですが、プレスリリースによれば、そのアラートは「ユーザーのアカウントを安全にするため取るべきアクションにフラグを立てる」そうです。

二段階認証がデフォルトに

今はWebサービスやプラットフォームを使う場合、ほとんどの場で二段階認証を使っておくべきです。難しくないし、簡単に設定できるし、悪意のあるハッカーから基本的な自衛ができます。Googleはだいぶ前から二段階認証を提供してますが、かといってみんなが使っていたかというと、たとえばGmailでもほとんどのユーザーは使ってないみたいです。そのせいか、Googleはもう二段階認証をデフォルトでオンにすることにしました。どうしても二段階がヤダって人は、(お勧めしませんが)オプトアウトはできます

220511_googleprivacy2
Image: Lucas Ropek - Google

フィッシング対策を拡張

フィッシングって、メールだけじゃありません。サイバー犯罪者は悪意のあるリンクを広めるためにどんな方法でも探してて、そこにはGoogleのGmail以外のアプリもあります。なのでGoogleは、今Gmailで使ってるフィッシング対策をGoogle Docs、Google Sheets、Google Slidesといった他のアプリにも拡張します。これにより、あやしいリンクの入った共有ファイルを開くと、Gmailでフィッシングっぽいメールを開いたときみたいに、Googleがアラートを出してくれます。

Google検索から自分の情報を消しやすく

Googleは最近、検索エンジンからより多くの個人情報を削除できるようにすると発表しました。たとえばメールアドレス、家の住所、電話番号といった情報です。Googleは個人情報削除リクエストをアプリ内の機能を通じてより簡単にできるツールをロールアウトしていくとのこと。「この機能は今後数カ月でGoogleアプリで使えるようになるとともに、個々のGoogle検索結果の隣にある3つのドットアイコンをクリックすることでもアクセスできます」とプレスリリースにはあります。

広告のコントロールを集約「My Ad Center」

220511_googleprivacy3
Image: Lucas Ropek - Google

Googleはユーザーが見る広告をよりコントロールしやすくなる機能を進化させました。「My Ad Center」ではユーザー自身が、YouTubeやGoogle検索、Google Discoverフィードの中で見る広告を選別・カスタマイズできるようになります。表示される広告に対し、Ad Centerを使うことで、「いいね」、共有、ブロック、(問題を)報告、スポンサー情報、そしてなぜその広告が表示されたのかの確認、といったいろんなリアクションができます。

この機能へのアクセスは2カ所からでき、ひとつはMy Ad Center Hubというこれ用のページで、今までのGoogleプロフィールの中の広告設定タブに代わるものです。もうひとつはMy Ad Center Panel、こちらはGoogl検索、YouTube、Discoverの中でアクセスできます。

この広告系機能がいつから使えるのか完全にははっきりしてませんが、Googleいわく、「今年終盤に向けて」ローンチするそうです。

考え方としては、もし良いと思う広告があれば似たような広告をもっと見られるようになり、好きじゃない広告があればGoogleに言って、その手の広告を減らしてもらうということです。プレスリリースによれば、「ユーザーは、たとえばフィットネスや、別荘レンタルやスキンケアなど、見たいタイプの広告を選べるようになります。そして我々がそれを表示するのに使っている情報についてもより深く知ることができます」とあります。

Google I/Oで発表されたプロダクトの発売日と価格、まとめました #GoogleIO2022

今年のGoogle I/O、なかなかプロダクトが発表されなかったのでやきもきしてたのですが、最後にいろいろ出ましたね。編集部のみんなが安堵していましたよ。という...

https://www.gizmodo.jp/2022/05/google-product-price.html

Source: Google I/O 2022

    あわせて読みたい