度入りレンズ対応は正義! 毎日着けられるオーディオグラス「HUAWEI Eyewear」が気になるメガネ派です

  • 7,687

  • author 小暮ひさのり
度入りレンズ対応は正義! 毎日着けられるオーディオグラス「HUAWEI Eyewear」が気になるメガネ派です
Photo: 小暮ひさのり

メガネ派、ニッコリ。

一見するとメガネ。しかしその実態はスピーカーやマイクを備えたオーディオグラス! 最近人気のガジェットのひとつですが、HUAWEIからもオーディオグラスの第二世代「HUAWEI Eyewear」が発表されました。

個人的には「やっと日常使いで選びやすいオーディオグラスが出たな」って感じです。

2022-05-26guk01
Photo: 小暮ひさのり

見た目は一般的なメガネと大差ありません

若干テンプル部分が太いかな?とも思いますけど、こういうデザインと言われれば納得する範囲ですよね。2021年7月に発売された昨年モデルと比べると、約8gほど軽量化しつつ、1時間も利用時間が伸びています(音楽連続再生時間:約6時間)。

また、風切り音低減設計マイクを搭載するなど、通話機能もパワーアップ。リモートワークや普段使いとして長時間快適に利用できるオーディオグラスとなっています。

2022-05-26guk02
Photo: 小暮ひさのり

こちらがテンプル部に備わったスピーカー。

オープン型なので、構造上音漏れはどうしても発生しちゃうんだろうなー…。って思ってたんですが、音漏れ、けっこう、少なめ。

顔を近づけても、若干聞こえてるなー。くらいの漏れ感だったので、通常のボリュームで利用している範囲なら、問題ないのでは?って感じですね。スペックを見ると、逆音波で音漏れを防ぐといったテクノロジーが搭載されているようです。

でも、試したのがざわついた発表会の会場での試用だったし、正確ではないかも! これは宿題としていつかしっかりレビューしてみたいヤツですねー。

OWNDAYSとのコラボで度付きレンズもサングラスも装着できる

2022-05-26guk03
Image: HUAWEI

オーディオグラスっていわばメガネの進化系とも言えるデバイスなんですが、なかなか選びにくいところもあるんですよね。簡単に言えば、メガネユーザー置いてけぼりってところ。

いくら音楽を聞くことができたり、通話ができるといっても、視覚を捧げてまで手に入れようとは思いません。度付きレンズに交換する手段もありますけど、なかなかに手間だからちょっとメガネユーザーにはハードル高いな…って。

そのとっつきにくさを解消したのが、この「HUAWEI Eyewear」のいいところ。

OWNDAYS × HUAWEI Eyewear」として、メガネ販売チェーンのOWNDAYSとのコラボ。OWNDAYS店舗でもオンラインストアでも度入りレンズを選べますし、マグネット装着式のサングラス(専用SNAP LENS)も用意されているんです。つまり、普通のメガネと変わらん使い勝手、購入方法が用意されていつつ、ちゃんとオーディオグラスしてるわけですね。

メガネ男子な僕としては、「オーディオグラスって、一部のユーザー、特定のシーンに向けられたものすごく限定的なプロダクトだよなぁ…」って、本当に興味ゼロなジャンルだったんですけど、俄然興味が湧いてきました。

でも、寝起きで装着したメガネから、Slackの通知音が聞こえてきたらものすごく嫌だな!とか思うところもあるので、実際に普段使いメガネとして選んだ時に体験がどう変わるのか? ものすごく気になります!

Source: HUAWEI

HUAWEI Eyewear ほしい?

  • 0
  • 0
ファーウェイ

シェアする

    あわせて読みたい