観音開きからの回転。小島監督が監修したJ.F.REYのサングラス

  • 11,148

  • author 岡本玄介
観音開きからの回転。小島監督が監修したJ.F.REYのサングラス
Image: J.F.REY

監督のお眼鏡に叶うものが完成しました。

『デス・ストランディング』など名作ゲームを世に生み出す小島秀夫監督と、フランスの眼鏡ブランド「J.F.REY」のデザイナーであるジャン・フランソワ・レイ氏とが、いくつもの眼鏡/サングラスをデザインし、このたび監督が求めていた「HKxJF01」が誕生しました。

回転して後ろ向きに

丸形の眼鏡に角丸長方形のレンズがあり、観音開きで可変するユニークな機構を持つ「HKxJF01」。開き切ると馬のブリンカーのようですが、そこから180度後方に回転し、ツルと並行してこめかみ辺りに収納するよう設計されています。

Video: JFREY Eyewear Design/YouTube

昔からサングラスが上下にパカパカ開くタイプや、眼鏡に重ねたサングラスを脱着するタイプもありましたが、このトランスフォームは斬新ですね。「HKxJF01」には、ツルが真っ黒の「Black Edition」、市松模様の「Chess Edition」、カモフラ柄の「Army Edition」というカラバリがあり、いずれも5万5000円となっています。

サムが着けていたマスク型は必見

他にもフック付きのサングラスを合体させるタイプの、「HKxJF02」が5万5000円。小島作品の世界観にインスパイアされたという、ちょっとスチームパンク風な「HKxJF03」は世界限定888本で5万5000円。さらには目の周りにプロテクター的なパーツがある、『デス・ストランディング』でサムが着用したマスクを模した「LUDENS MASK」も、世界限定888本で7万7000円にて登場します。

実用的なタイプも、ファッショナブルなモデルも、小島作品のひとつと思うと喉から手が出ますね。発売は入荷後とのことなので、Twitterや公式サイトをマメにチェックしてみてください。

Source: J.F.REY via Twitter (1, 2), YouTube

レンズもフレームも植物由来。エシカルにおしゃれを楽しむ人のためのサングラス

レンズはバイオポリマーで、金属不使用のフレームはバイオマスプラスチック製という、環境に配慮したエシカル素材のみを使用した鯖江産のサングラス「jugaad14(ジ...

https://www.gizmodo.jp/2022/04/jugaad14.html

コジマプロダクション、L.A.にエンタメ部署を立ち上げる。新作ゲームがドラマや映画になるかも!

ファンの楽しみが何倍にも。2015年にコナミから独立し、ゲーム『DEATH STRANDING』が大成功を収めた、小島秀夫監督率いるコジマプロダクション。この...

https://www.gizmodo.jp/2021/11/kojima-production-film-tv-music-division.html

    あわせて読みたい