何このバナナ感。膨らんでグリップ力が増すMITのセンサー付きアクチュエーター

  • 5,208

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
何このバナナ感。膨らんでグリップ力が増すMITのセンサー付きアクチュエーター
Image: MIT CSAIL

バナナじゃなくてロボットのパーツになるチューブ。

MIT CSAIL(MITコンピュータ科学・人工知能研究所)にて、黄色いゴムホースのようなのに、空気圧で膨らむアクチュエーター「PneuAct」が開発中です。

装着しても合体しても

膨らむとバナナみたいになるのがユニークですが、ウェアラブルとしても作られているので、手袋に合体すれば物を掴むときのグリップ力を増加させたり、ボディーを与えて4本くっつければ、伸縮の動きでナマケモノのように歩けたりと、アイディア次第でいろいろと応用が可能になります。

Video: MITCSAIL/YouTube

触れた刺激で変形もする

黄色いネットは導電性の糸が使われ、センサーにもなっています。なので人の手で触るなど、刺激に反応して動くことができます。専用ソフトでシミュレーションもできるので、プログラムをすれば好きな形状に変形させられます。

良コスパで複製が簡単に作られる

ネットはデジタル機械編みができる編み機を使い、縫い方やセンサーの位置を考慮してデザインすると自動で編み込まれ、複製を作るのも簡単とのこと。シリコン製チューブは既製品というのも安上がりになる一因で、コスパがよいのだそうです。

設計が簡単かつ大振りの動きでも網が破れないので、研究者たちはリハビリや福祉、対話型のロボット、4脚歩行ロボなどへの利用を考えており、次の段階はバナナ型とは違う形状を作るつもりなんですって。

『ベイマックス』への第一歩?

筆者はこれを見て、姿形は違えどコンセプトは柔らかくて人助けをする、ロボットの『ベイマックス』を思い出しました。人型ロボを作ってもいいでしょうけども、着るエアバッグやプロテクター、または浮き輪などが現実的でしょうかね。

Source: YouTube, MIT CSAIL (1, 2) via IEEE SPECTRUM