最新版Windows11のアップデートはちょっと待った! アプリがクラッシュするかも

  • 24,295

最新版Windows11のアップデートはちょっと待った! アプリがクラッシュするかも
Photo: Sam Rutherford - Gizmodo US

Windows 11ユーザーの皆さん、悲報です。

Microsoft(マイクロソフト)は4月26日にWindows Updateで配信されたWindows11 のアップデート「KB5012643」をインストールすると、特定の.NET Framework 3.5のコンポーネントを使用した一部アプリケーションが起動しなくなったり、正常に動作しなくなる等の不具合が発生していることを発表しました。

影響はさほど大きくなさそうだが

.NET Frameworkは、Windows上でプログラムを構築・実行するために利用されている無料のオープンソースプラットフォームで、多くのアプリで利用されています。

マイクロソフトによると、「この更新プログラムをインストールした場合、一部の .NET Framework 3.5 アプリに問題が発生したり、アプリが開かないことがあります。影響を受けるアプリは、Windows Communication Foundation (WCF) や Windows Workflow (WWF) コンポーネントなどの .NET Framework 3.5 の特定のオプションコンポーネントを使用しているものになります」とのこと。

不幸中の幸いは、この特定のアップデートはオプションであったため、実際には多くのユーザーにインストールされていない可能性が高いことです。また、このバグはすべてのアプリに影響するわけではなく、Windows Workflowのような特定の.NET 3.5要素を使用しているものだけに影響します。

Windowsバージョン21H2用の「KB5012643」が実行されているPCで、問題が発生していてお困りの方は、「このアップデートをアンインストールしてください」と、マイクロソフトは言っています。

アンインストールするには

スタートメニューを開き、「Windows Updateの設定」と入力し、ハイライトされたオプションを選択。「更新の履歴」のページで犯人(今回はKB5012643)を発見したら、「アンインストール」を選択しましょう。

また、この変更を実行するには、一度システムをリセットする必要があります。

マイクロソフトによれば、この更新プログラムをアンインストールしたくない場合、もしくはアンインストールしても問題が解決しなかった場合は、Windowsの機能設定ページで.NET Framework 3.5とWindows Communication Foundationを再度有効にすることを推奨しています。これを行うには、ターミナルから以下のコマンドを実行する必要があります。

dism /online /enable-feature /featurename:netfx3 /all

dism /online /enable-feature /featurename:WCF-HTTP-Activation

dism /online /enable-feature /featurename:WCF-NonHTTP-Activation


この特定のエラーの影響はさほど広がっているわけでもなく、ほとんどのWindows 11ユーザーにとって重要なものではなさそうです。しかし、セーフモードを破壊するバグしかり、最近のWindows 11はちょっとしたバグ続きです。Windows 11は半年前のリリース以来、基本的に大きな問題は表面化していませんが、今後もそんなに大きな問題が起きないことを願うばかりです。

    あわせて読みたい