ツライ… 空気が汚いと気絶する鳥さんのエアモニター

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ツライ… 空気が汚いと気絶する鳥さんのエアモニター
Image: Canairi / Kickstarter

鳥さんの逆さ吊り、ツラすぎる。

お家の中の空気の状態が気になる人、鳥さんデザインのエアモニターなんてどうですか? Kickstarterでプロジェクト支援募集中の「Canairi」は、黄色いカナリアが室内の二酸化炭素の量を計測するインテリアとしてもかわいいデザイン。かわいいだけに、室内の空気によってそのカナリアが逆さ吊りになるのがツラい…。

弱ったカナリアを救いたくなる

カナリアのエアモニターは、かつての炭鉱がデザインのヒントになっています。まだセンサーを使用する前の時代、カゴに入れたカナリアと一緒に炭鉱作業に行き、鳥の様子で二酸化炭素や一酸化炭素の量、有毒ガスの有無を測っていたのです。

Canairiは壁に取り付けて使用しますが、カナリアの後ろにある白い箱の中には、空気中の二酸化炭素量を検知するセンサーとバッテリーが搭載されています。バッテリーはUSB経由で充電可能、1度のフル充電で3カ月ほど使用可能。室内の二酸化炭素量が1,000ppmを超えると、カナリアは傾いていきます。カナリアの表情が変わるわけではないのですが、羽を投げ出し逆さ吊りになる姿は、空気の入れ替えしなきゃと思わせる切ない様子…。室内の二酸化炭素量が減少すると、再び立ち上がるカナリア。空気清浄機能はなく二酸化炭素量のモニタリングだけで、専用アプリも音声認識もアラーム機能もなければ、暗闇で光ることもありませんが、黄色いカナリアが傾くかどうかという単純なデザインゆえに、お家の中だけでなく地球温暖化への自意識改革にもつながりそう。

Video: Newest Crowdfunding Inventions / YouTube

Kickstarterでは目標を大きく超えた資金調達に成功。初期投資ユーザー向けに45%オフの116ドル(約1万5100円)で予約受付中で、発送は今年の10月を予定。面白いことに14ドル(約1,800円)ほどで3Dプリント用のファイルDIY版も展開されています。

Source: Kickstarter