Twitter、つぶやきの相手を限定する「サークル」のテスト提供開始

  • author Lauren Leffer - Gizmodo US
  • [原文]
  • 福田ミホ
Twitter、つぶやきの相手を限定する「サークル」のテスト提供開始
image :XanderSt / Shutterstock.com

気の合う相手にだけツイートしたい、そんなとき。

ツイートの編集ボタンがどんなものになるかまだわからないし、イーロン・マスク氏による買収劇の真っ最中ではありますが、Twitterは新機能を粛々と作ってるようです。

5月3日、Twitter公式から「Twitterサークル」なる機能のテスト中というツイートがありました。以下にその使い方が説明されてます。

Twitterサークルは基本的に、Instagramなら「親しい友達」、Facebookなら「オーディエンスを編集」の「一部の友達」に相当するものです。つまり自分のアカウント全体にカギをかける必要なく、自分の発信を見られる相手をフィルタリングできるってことです。ツイートするごとに、それを全体にポストするか、一部の相手だけかを選択するようになります。

Twitterサークルを使う場合、ユーザーは自分のツイートを読める相手を最大150人(フォロワーかどうかは不問)まで選ぶことができます。サークルの中に入れた相手からは、他に誰がサークルにいるかは見えなくて、サークルを作った本人だけがそれを確認できます。またサークルの中にいる人は、サークルあてのツイートをリツイートすることはできません。

今のところ、サークル機能が使えている人でも、作れるのはサークルひとつだけ。つまり、ツイートごとに読める相手を変えることはできません。あと誰かのサークルに入れられたら、そこから抜けることはできませんが、スレッドをミュートするのは今まで通り可能です。

TwitterはFAQで、サークル機能は去年リリースしたTwitterコミュニティとは違うと言ってます。TwitterコミュニティもFacebookグループとかRedditのスレッドみたいに、会話の相手を限定する機能です。Twitterコミュニティは何らかのトピックに関する会話に招待制で参加できる仕組みですが、サークルは「ツイートを見せる相手を選び、その人とだけツイートを共有する機能」だそうです。要は、Twitterコミュニティは参加者各自が合意のうえで参加し、発信しあう場って感じなのに対し、Twitterサークルは各ユーザーが自分の発信の読者を限定する個人用フィルターって感じですね。

サークル機能は今、iOS、Android、twitter.comそれぞれで、少数のユーザーに対し限定提供されてます。申請したら使えるようになるとかじゃなくて、上の動画によると、ツイートするときおもむろに「サークル使ってみたいですか?」的に聞いてくるようです。

    あわせて読みたい