iPad miniが究極のゲーム機である7つの理由

  • 35,649

  • lifehacker
iPad miniが究極のゲーム機である7つの理由
Image: Framesira / Shutterstock.com

ライフハッカー[日本版]2019年11月12日掲載の記事より転載

iPad miniは、ゲーム体験を次のレベルに引き上げることができる万能なデバイスです。

ここでは、モバイルゲームが好きな人がiPad miniを選ぶべき7つの理由をご紹介します。

1.安価な選択肢

0370e9ad-2301-416a-93df-f52a1c5171f6

iPad miniの定価は5万9800円。

小さなベゼルとA15 Bionicプロセッサ、洗練されたデザインを備えた最新のデバイスにこの価格は、とても魅力的です。

Wi-Fiのみ対応のiPad miniは、家にいる時や通信環境の良い場所で使うのに最適なデバイスですが、本当にどこでもゲームを楽しみたいのなら、モバイルデータ通信に対応したiPad miniも一つの選択肢です。

7万7800円からで基本モデルよりも割高ですが、iPhone 13の基本モデルよりも安く5G接続を内蔵しているのは、見逃せない条件です。

2. 超軽量で持ち運びやすい

126f1ab1-6320-45d8-a188-90336a2e94c3

iPadに二つ折りのキーボード付きケースを使う人がとても多いのには理由があります。

iPadは大きくて重いのです。手や腕の痛みでゲームセッションが中断されるほど、ゲームへの没入感を損なうことはありません。モバイルゲーム体験を最大限に楽しむには、デバイスのサイズと快適さのバランスを取る必要があります。

ありがたいことに、iPad miniは市販されているタブレットの中で最も軽いものの一つです。約293gで、まさに羽のような軽さ。

これは、約240gのiPhone 13 Pro Maxよりもはるかに重いというほどでもありません。

iPad AirやiPad Proなど、Appleの他のタブレットのほうがスクリーンは大きい一方で、重量はずっとずっと重く、どちらも約479gです。

SamsungのGalaxy Tab A7 Liteなど、iPad miniと同じようなサイズのタブレットでもiPad miniよりずっと重たいものとなっています。

3.優れたバッテリー駆動時間

36738ea8-615f-4cc1-92d9-e938914f8c75

iPad miniは携帯電話よりもはるかに大きいため、モンスター級のバッテリーを本体に詰め込むのに十分なスペースがあります。

iPad miniは、5,124mAhのバッテリーを備えています。比較してみると、iPhone 13 Pro Maxは携帯電話としては非常に大容量のバッテリーを搭載していますが、4,352mAhしかありません。

iPad miniにこれほど大きなバッテリーが搭載されているということは、最大10時間は使用可能であり、どんなゲームでも十分すぎるほどバッテリー駆動時間があるということです。

4.App Storeで何でも手に入れて遊べる

8ac38cf2-3652-4749-be80-8ca2546397b5

iPadだということは、iPad miniでは膨大な数のゲームタイトルとゲームの種類にアクセスして選ぶことができるということ。

さらに良い点は、iPad miniはA15 Bionicチップを搭載しているため、グラフィックの負荷が最も高いゲームにも対応できるということです。

つまり、「原神」や「Call of Duty: Mobile」のような負荷の高いゲームでも、iPad miniなら途切れることなくプレイできます。

5.iPadだけのゲームにアクセスできる

iPad miniはApp Storeにアクセスできるだけでなく、iPhoneでは遊べないゲームがたくさん利用できます。「Divinity: Original Sin 2」などのゲームはApp Storeにありますが、ダウンロードしてプレイするにはiPadかMacが必要となります。

また、iPad miniの大きなスクリーンでプレイしたほうが楽しめるゲームもたくさんあります。

Firaxisは、2017年というずっと前の時点で「Civilization VI」をモバイルデバイスへと広げました。これはすばらしい功績ですが、携帯電話の画面で「Civilization」をプレイしようとすると、すばらしいゲーム体験という感じよりも徒労感を覚えてしまうかもしれません。

携帯電話よりもiPad miniを選ぶということは、ゲームの豊富なセレクションが利用できるだけでなく、プレイ中の体験も改善するということなのです。

6.Stadiaを使えば携帯型ゲーム機に

8abd4feb-ae7c-4235-98c5-790461f9b7f5

2019年に開始されたGoogle Stadia。

インターネットに接続できれば、どんなデバイス上でもゲーム機用のゲームやPCゲームをプレイすることができます。

iPad miniのA15 Bionicは非常に強力ですが、最も大作のゲームを動かすにはまだ十分なパワーがありません。

ゲームをデバイス上で直接実行する代わりにストリーミングできるということは、これまで作動するにはゲーム機やパワフルなゲーミングPCが必要だったゲームをiPadでプレイできるということです。

iPad miniでStadiaを始めるには、サービスに登録してBluetoothコントローラーを接続するだけ。つまり、たった数ステップを踏むだけで、ゲーム機用のゲームを手のひらで楽しむことができるのです。

7.Xbox Cloud GamingでAAAタイトルをどこでもプレイ可能に

af9bcca1-d4e8-4c0e-bf91-ce206c75ddc2

Stadiaと同じように、ゲームストリーミングに対するMicrosoftの取り組みがXbox Cloud Gaming(旧称XCloud)です。

ありがたいことに、Xbox Cloud Gamingを使えば、Xbox Game Passに含まれているあらゆるゲームにアクセスできます。

つまり、「Halo Infinite」「Forza Horizon 5」「Mass Effect Andromeda」などのAAAタイトルやXbox限定のゲームがプレイできるのです。

iPad miniは最高

iPad miniは、携帯電話がゲームに最適である点を受け継ぎ、さらにレベルアップさせました。

iPad miniを手に入れるということは、超軽量で持ち運びやすいうえに、App Storeで最も人気のあるゲームでも処理できるものがあるほどのパワーを持ったデバイスが手に入るということです。

さらに、iPad miniをコントローラーとペアリングしてStadiaやXbox Cloud Gamingに接続すれば、この小さなタブレットを、どこにでも持ち運べるゲーム機に変身させることができるのです。

Image: Shutterstock, MakeUseOf

Original Article: 7 Reasons Why the iPad mini Is the Ultimate Portable Gaming Device by MakeUseOf

    あわせて読みたい