ISSや人工衛星が撮影。「宇宙から見た」地上の絶景10選

  • 68,449

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ISSや人工衛星が撮影。「宇宙から見た」地上の絶景10選
Image: NASA

宇宙からのダイナミックな眺め。

国際宇宙ステーション(ISS)に乗船中の宇宙飛行士や人工衛星が撮影した地球の写真を1999年から公開しているサイト「NASA Earth Observatory」。そこには息を呑むような絶景から、奇妙な地形まで地球のあらゆる姿を捉えた画像がそろっています。NASA Earth Observatoryは膨大な量のアーカイブの中から毎日「今日の1枚」を取り上げているのですが、5月にピックアップされた写真の中から特に印象的だった光景を見てみましょう。

2022年5月1日 - チャチャニ火山

220602earth2
Image: NASA

国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士が船内のデジカメを使って、2021年8月にチャチャニ火山を撮影しました。この時、ISSはペルーのアンデス山脈の上空を飛行中だったとか。この写真は5月1日の「今日の1枚」としてシェアされました。山の起伏と冠雪の間に落ちる影によって、火山の迫力が強調されたインパクトのある写真です。

2022年5月2日 - 砂嵐

220602earth3
Image: NASA

4月、中東と地中海では巨大な砂嵐が吹き荒れました。この画像は4月24日にNASAの衛星「Aqua」に搭載された中分解能撮像分光放射計(MODIS)で撮影され、5月2日の「今日の1枚」として共有されました。この写真の上部に位置するのがキプロス共和国で、左下にはエジプトのナイル川デルタが見えます。先週発生した別の砂嵐のせいで、中東の病院は呼吸系の疾患に苦しむ人々であふれ、このような嵐は気候変動の下で干ばつが激化するにつれてもっと頻発するだろうとCNNは報じています。

2022年5月8日 - ユカタン半島のカルスト地形

220602earth4
Image: NASA

ISSのデジカメを使って2021年10月30日に撮影された写真に写っているのはメキシコのユカタン半島にあるセレストゥンの町で、5月8日付のEarth Observatory「今日の1枚」としてシェアされました。リア・セレストゥンは紺青色で、この地形は基盤が石灰岩のような水に溶解しやすい岩石で構成されているカルスト地形というものです。この写真の下部にある円形の地勢は“セノーテ”と呼ばれており、石灰岩の地盤の浸食によって形成された陥没孔です。

2022年5月10日 - 2つのサイクロン

220602earth5
Image: NASA

人工衛星「NOAA-20」の可視赤外撮像機放射計スイート(VIIRS)が5月8日にこの写真を撮った際、熱帯低気圧Asani(上)と熱帯低気圧Karim(下)はそろってインド洋を移動していました。この写真が5月10日の「今日の1枚」で、左上にはインドが見えます。2つの熱帯低気圧がそれぞれ逆の方向に回転しているのはコリオリ効果によるもので、Asaniは嵐が反時計回りに回転する赤道の北に位置し、Karimは嵐が時計回りに回転する赤道の南に位置しているのです。

2022年5月14日 - ニューメキシコの山火事

220602earth6
Image: NASA

現在、ニューメキシコ州では山火事が発生しており、NASAの衛星「Aqua」のMODISがカーフ・キャニオン/ハーミット・ピーク山火事から立ち昇る煙を5月10日に撮影(そして5月14日の「今日の1枚」としてシェア)しました。ハーミット・ピークの火事は4月6日に、カーフ・キャニオンの火事は4月19日に発生。2つの火事は4月24日に合流し、同州史上最大の火事になりました。New Mexico Fire Informationからのアップデートで、5月31日時点での鎮火率は50%だと判明しています。

2022年5月17日 - 海底噴火

220602earth7
Image: NASA

この画像の上側に写っているのはソロモン諸島のバングヌ島ですが、そこから南下した地点からは、海底火山の噴火によって緑色に変色した高温の水が噴き出ています。スミソニアン協会の全地球火山活動プログラムによると、海面下66フィート(約20m)にカバチ山という火山の山頂があり、2020年10月から水を噴出し始めたそう。この写真は5月14日に衛星「ランドサット9号」の陸域イメージャ-2(OLI-2)で撮影され、5月17日の「今日の1枚」になっていました。

2022年5月22日 - 中部大西洋岸の植物プランクトン

220602earth8
Image: NASA

ノース・カロライナ州、バージニア州、メリーランド州沿岸にかけて見られる緑色の渦巻き模様の正体は、実は植物プランクトン。この写真は衛星「NOAA-20」のVIIRSを使って、植物プランクトンの季節的なブルームの真っ只中である2022年5月17日に撮られ、5月22日の「今日の1枚」としてシェアされました。この“春季ブルーム”は通常、春の終わりと夏のはじめに発生します。NASAいわく、この地域では去年の同時期にも同じようなブルームが発生していたとのこと。

2022年5月23日 - テキサス州の峡谷

220602earth9
Image: NASA

ISSの宇宙飛行士が2月7日にデジカメで捉えたテキサスの入り組んだ地形の写真が、5月23日付のEarth Observatory「今日の1枚」になりました。ISSはアマリロの南東にある、キャップロックキャニオンズ州立公園とパロ・ドゥアロ・キャニオン州立公園の上空にいたのです。パロ・ドゥアロ・キャニオン州立公園のパンフレットによると、同峡谷はレッド川がハイプレーンズ南部を浸食し始めた100万年近く前に形成され始めたとか。

2022年5月29日 - ニューカレドニアのサンゴ礁

220602earth10
Image: NASA

サンゴ礁によって隔てられた浅瀬のターコイズ色と太平洋の深い青とのコントラストが印象的な一枚。オーストラリアの1,300km(約800マイル)東に位置するフランス領、ニューカレドニアの南岸です。このサンゴ礁の写真はISS搭乗中の宇宙飛行士が2020年9月9日に撮影し、2年近く経った2022年5月29日に「今日の1枚」として共有されました。ピュー慈善信託によると、ニューカレドニアのサンゴ礁は9,300種の海洋生物の生息地であり、2014年4月に130万平方km(50万1930平方マイル)を網羅するコーラル・シー自然公園が設立されたそうです。

2022年5月30日 - マナム火山

220602earth11
Image: NASA

パプアニューギニア沿岸にあるマナム島には、非常に活発な火山があります。この写真は観測衛星「ランドサット8号」の陸域マネージャーが5月22日に撮影したもので、火山の山頂火口には高温が出ていることを示す、赤外線シグネチャが見えます。Earth Observatoryの5月30日付の「今日の1枚」としてシェアされました。マナムでは2022年3月にも爆発的な噴火が起き、噴煙は高度1万5000m(約9.3マイル)に到達していました。

Source: NASA Earth Observatory (1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, ), NASA MODIS Imagery, CNN, National Park Service, National Geographic(1, 2, ), NOAA's NESDIS, NM Fire Info, Global Volcanism Program, ScienceDirect, TX Parks & Wildlife, The Pew Trusts, Kyodo News,