Apple Watch Series8では、iOS風の新たな省エネモードを搭載?

  • 7,188

  • author そうこ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Apple Watch Series8では、iOS風の新たな省エネモードを搭載?
Image: Apple

ふだん使いにちょうどいいバランスの省エネ。

Bloomberg記者でApple(アップル)内部事情に詳しいマーク・ガーマン氏から新情報が止まりません! 氏のニュースレターPower Onにて、秋に開催されるであろうApple発表会を前にハードから機能まで語りまくっています。ガーマン氏によれば、リリースが期待されているApple Watch Series 8には、省エネモードが搭載されるとのこと。

省電力ならぬ低電力モード搭載か?

Apple Watchに省エネのモードはもうあるぞ?と思った人、合ってます。あるんです。現在のApple Watchで使えるのは「省電力モード(Power Reserve Mode)」。これはApple Watchを腕時計としてのみ使うことで、バッテリーを節約するのが狙い。時計なのでiPhoneとの連携(通信)もないし、時間以外の機能も使用できません。モード解除には再起動する必要があるのも面倒。ガーマン氏が語っているのは新しい機能「低電力モード(Low Power Mode)」。

低電力モードでは、電池食いな機能を制限することで、できる限りバッテリー節約するというもの。なので、Apple Watchを時計ではなくスマウォとして使い続けることができます。iPhoneやiPadにはすでに低電力モードがあるので、iOSでの機能がwatchOSにも拡大したと言っていいかと。低電力モードが(置き換えではなく)追加され、省電力モードも残るなら、ほんっっっっとに困った時は後者にするなど、バッテリー残量に応じて使い分ければいいですね。

実はApple Watchの定電力モードについて、ガーマン氏はWWDC2022前から話していたそう。WWDCのwatchOS 9ではこれについて触れられていませんが、ガーマン氏はこれをwatchOS 9ではなくApple Watch Series 8の機能になるからだろうと説明しています。

Series 8スタートで、古いモデルにもその後拡大対応ってなるといいんですけどね。

watchOS 9予測まとめ:バッテリーがピンチでもできることが増えそう #WWDC22

派手なiOSやiPadOSに隠れがちですが、Apple Watchに搭載されている「watchOS」も毎年進化しています。ここでは、まもなく開催されるWWDCで...

https://www.gizmodo.jp/2022/06/watchos9-matome.html

Source: 9to5Mac