GIZ Asks : iPhoneをWebカメラ化してる時、こっちから見えない画面はどうなってんの? #WWDC22

  • 17,675

  • author 尾田和実
GIZ Asks : iPhoneをWebカメラ化してる時、こっちから見えない画面はどうなってんの? #WWDC22
Image: Apple, ギズモード・ジャパン

人は見えないところこそ気になるもの。なんだかんだ言って気になりませんでしたか?

ついにきたーって感じの「Continuity Camera」機能。iPhoneの超高性能なカメラをMacBookと連携させて、オンライン会議用のWebカムとして活用する。誰もが夢見た機能で、これまでもその方法がなかったわけじゃないんですけど、とにかく実用性に乏しかった。それを本家が考案すると、あら不思議! iPhoneをMacBookに近づけるだけでスマートに自動連携し、Belkinと開発した専用のMagSafeスタンドにiPhoneを装着するだけで自撮りのPCカメラにへんしーん。コードもスイッチもいらないAppleらしい解決策なわけですが、じゃあ、こちらから死角となったiPhoneの画面はどうなってるの? ひょっとして林檎マーク? うーん。気になる。でもWWDC2022では最後まで見えなかった...。

WJwvn2_E
Image: Apple
MacBook用のマウント

tYoJ8Zao
Image: Apple
Pro Display XDRなどの外部モニターで使用できるマウントもあるみたい





【答え】

バッテリー節約のため、Continuity Camera使用中はiPhoneの画面はオフになります。そしてiPhoneを手に取ると、一時停止または切るのオプションが表示され、選んだとおりに作動します。


うんうん。さすがApple。まったく使わない画面が、あっちの壁を煌々と照らし続けるなんて野暮なことするわけない。ディスプレイの電気消費量はばかになりませんから。第一、そんなのサスティナブルとは言い難い。

ただ、それだけじゃないのがDesigned in カリフォルニア。手にとると一時停止または切るのオプションが表示される点にも注目。これ、自撮りだけではなく、ハンディカメラとして使うことも想定されていそうですよね。やー、夢が広がる。ガジェットの細部を写す時は絶対この方法だな...。

    あわせて読みたい