生き地獄のような酷暑がアメリカを襲う。まだやっと夏至を迎えたばかりなのに…

  • author Lauren Leffer - Earther Gizmodo US
  • [原文]
  • Kenji P. Miyajima
生き地獄のような酷暑がアメリカを襲う。まだやっと夏至を迎えたばかりなのに…
Image: SERDTHONGCHAI / Shutterstock

テキサス州ダラスは夜9時の気温が36度。早朝4時の気温が30度。暑いです…。

6月21日に夏至を迎え、ついに? やっと? 夏が始まりましたね。5月から熱波が続いている米南西部は、ずっと前から事実上の夏でした。そしてこの灼熱の空気は、まだどこにも行ってくれそうにありません。米国立気象局(NWS|National Weather Service)は、6月最後の週末に向かって華氏100度(摂氏38度)を超える地域が続出すると警告しています。日曜日(26日)までにアメリカの約70%の人たちが32度超え、20%近い人が38度超えに直面する可能性があるそうです。

生き地獄のような暑さが振り子のように西へ東へ

2週間ほど前に南西部を襲ったヒートドームは、その後東に移動して、中央の平原部や中西部に停滞したあと、さらに南東部へ移動。高温と湿気がもたらすうだるような暑さが、米本土の東半分を覆いそうな勢いです。

週の初めに中西部の多くの州に発令された高温注意報は、記事執筆時点(日本時間6月23日)ではカリフォルニアや米南西部、南部、南東部で発令中。火曜日(21日)には、カリフォルニア州と、中西部8州(アイオワ、イリノイ、インディアナ、ウィスコンシン、オハイオ、ミズーリ、カンザス、ミシガン)で、この時期の平均気温を8度から14度上回る38度超えを記録しました。このヒートドームによる熱波は、5月からテキサス州あたりを中心に西へ東へと振り子のように移動を繰り返している感じです。

そして現在、暑さはメキシコ湾に面する南部と南東部に移動しており、38度を超える地域の続出が予想されています。特に、南東部では過去最高を記録する地域も出るのではと懸念されています。

熱波に見舞われた中西部と平原部では、カンザス州で最大1万頭の牛が暑さによって死ぬ事故も発生しています。また、ミネソタ州運輸局は先週末、暑さによって道路が陥没し、ドライバーが危険な状況になる可能性があるとして、州全体に警告を発しました。

弱者に偏る熱波のリスク

動物やインフラに深刻な影響を及ぼしている熱波は、人間にとって最も致命的な気象災害のひとつでもあります。熱波は熱中症や熱射病を引き起こしたり、脱水症状のリスクを高めたりするだけでなく、心臓病などの基礎疾患を悪化させもします。

また、熱波の影響は、すべての人に公平ではありません。暑さに対してより脆弱(ぜいじゃく)な人たちもいます。AP通信の報道によると、アメリカでは年に約1,500人が極度の暑さで死亡していて、その半分をホームレスが占めるそうです。昨年、アリゾナ州フェニックス都市圏だけでホームレス130人が暑さのために死亡したと推定されています。同じく昨年、太平洋岸北西部の熱波によって100人以上が命を落としましたが、その多くも路上生活者でした。

各地で破られる過去最高気温

この7日間に全米各地で更新された日最高気温の記録は、1,804件にのぼっています。その一方で、同じ期間に破られた日最低気温の記録は281件でした。この7日間で生まれた過去最高気温は、過去最低気温の6倍以上温暖化が進んでいることを示すサインのひとつといえます。

全国的に見ると、太平洋岸北西部が平年より涼しかったにもかかわらず、南西部を中心に他の地域が暑かったおかげで、5月の平均気温は平年を大きく上回りました。

そしてこの暑さは、カリフォルニアから南西部の森林火災干ばつに寄与していると思われます。訳者が住むテキサス州は最悪で、熱波の影響もあって5月の平均気温は観測史上最高を記録しました。

気候変動で熱波は長く、激しく、頻繁に起こるように

人間活動に起因する人為的気候変動によって、熱波が頻発化、長期化、激甚化するというトリプルパンチ状態になっています。米環境保護庁(EPA)によると、1960年代と比較した場合、熱波シーズンは50日近く長くなり、発生率は3倍以上になったそうです。発生した熱波の継続時間も、平均して丸1日長くなっています。

ヨーロッパやアジアでも熱波

アメリカ国外でも同じようなことが起こっています。ヨーロッパでは現在進行中の熱波によって、ここ数日でいくつもの過去最高気温が更新されました。今年の春に90人以上が死亡したインドとパキスタンの熱波の影響は、現在もまだ続いています。

温暖化はリアルです。日々の天候を左右する気候変動が、私たち人間の命を奪っています。最も壊滅的な事態を避けるには、残り少なくなっていく時間の中で、化石燃料によるCO2排出を止めるために行動を起こす必要があります。

夜間の最低気温が32度!米南西部フェニックス、昼も夜も危険な暑さに

アメリカで最も暑い都市のひとつとして知られるアリゾナ州フェニックスですが、6月は特にひどい暑さが続いています。数日連続で最高気温が華氏110度(摂氏43度)を超...

https://www.gizmodo.jp/2022/06/phoenix-arizona-extreme-heat-nighttime-temperature.html

    あわせて読みたい