iOS 16、サードパーティアプリでトランシーバー機能が使えるように!

  • 10,825

  • author 塚本直樹
iOS 16、サードパーティアプリでトランシーバー機能が使えるように!
Image: Shutterstock

Apple WatchのアレをiPhoneでも!?

SNSアプリの音声メッセージって、便利ですよね。文字が打ちにくい歩行中でも、バンバンメッセージが送れます。それと同じような機能を実現する「トランシーバー機能」が、iOS 16ではサードパーティアプリでも使えるようなんです。

…ちなみに、トランシーバー機能はApple Watchですでに使うことができます。みなさん、使ったことあります?

新APIが追加

iOS 16にて追加されたトランシーバー機能のAPIは「Push to Talk」と呼ばれています。これにより、これまでボイスメッセージやオーディオ通話に限られていたバックグラウンドでのオーディオメッセージの送信/再生が、サードパーティアプリでもできるようになるのです。

トランシーバー機能の具体的な使用感としては、誰かがメッセージを送ってくると、画面上部にアプリのアイコンと相手の名前が表示されます。そしてメッセージを聞いた後は、そのままリアルタイムに返信するか、会話から離れるかのオプションが選択できるのです。またPush to Talkは個別の会話だけでなく、グループ会話にも対応します。

というわけで、今後はこのiOS 16の新APIを利用したトランシーバーアプリが登場しそうな予感です。それになにより、アップルからも純正のトランシーバーアプリの登場を待ちたいですね!

iOS 16は音声入力も大幅進化、句読点も自動で追加してくれるように #WWDC2022

iOS 16では音声入力が久々にアップデートされます。インターネット通信を必要としないオンデバイス上で実行できるようになります。

https://www.gizmodo.jp/2022/06/wwdc2022-ios-16-voice-input.html

Source: Apple via 9to5Mac

    あわせて読みたい