Lenovoの新型2-in-1タイプChromebookは、6万円台で充実のスペック

  • 14,091

  • author 巽英俊
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Lenovoの新型2-in-1タイプChromebookは、6万円台で充実のスペック
Image: Lenovo

スペックと価格のバランスがいい感じ。

サクサク動くしリーズナブルってことで、市場でも人気を集めているChromebook。なかでもLenovo(レノボ)は、タブレットとしても使える2-in-1タイプの開発に長けている印象がありますね。

そのLenovoが脱着型2-in-1タイプ「IdeaPad Duet 370 Chromebook」を7月2日に発売します。お手軽&コンパクトでヒットした「IdeaPad Duet Chromebook」の後継機種で、こちらも携帯性を重視したいユーザーに人気を集めそうです。

ディスプレイが10.95インチに大型化

前機種より向上したポイントとしては、まずディスプレイが10.1インチから10.95インチへと大型化。プロセッサーもMediaTek Helio P60TからSnapdragon 7c Gen 2とスペックアップしています。あとUSB Type-C端子が2系統に増えているのもなにげに便利ですね。もちろんBluetooth 5.1やWi-Fi 5にも対応。

デザインは前機種を継承したスマートなデュアルトーンで、カラーリングはクールなミスティブルー。10.95型でもベゼルが狭いせいか美しくまとまっています。ディスプレイは2K IPSですがまずまず鮮明な表示。USIペンが付属しており、キックスタンド付きマグネットカバーにはペンホルダーを備えているので、紛失の心配がないのもありがたいですね。ペン入力はブラシストロークのためのチルトサポートや、高速アップリンクのための低レイテンシーにも対応していて、ナチュラルな描画が楽しめます。

そのほかは4GBメモリ、128GBストレージ、防滴仕様キーボード、前面5MP/背面8MPのカメラといった納得のスペック。サイズは258×164.6×7.9mmで、重さは516.5g(キーボード&スタンドカバー装着時:945.8g)。12時間のバッテリー駆動が可能で、外出先でも電源を気にせずに使えるとのことなので、ビジネスシーンでも活躍してくれそうです。価格は6万2480円からですが、このスペックならお手ごろ感ありますね。そろそろChromebookという人にとっては、最適な選択肢のひとつになりえるのではないでしょうか。

Source: Lenovo