ハーレーダビッドソンの電動スクーター、原付みたいでちょい乗りに良さそう

  • 13,713

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ハーレーダビッドソンの電動スクーター、原付みたいでちょい乗りに良さそう
Photo: HARLEY-DAVIDSON
Amazonブラックフライデーセール開催中!<いますぐ会場へ>


2020年1月22日の記事を編集して再掲載しています。

ちょっとコンビニ行くのによさそう。

昨年に大型の電動バイク「LiveWire」を発売したハーレーダビッドソン。彼らは名称不明の中型車と同じ2021年~2022年に、小型の電動スクーターも出そうと計画しています。こちらも名称未定ですが、「LiveWire」を「ハイ・パワー」というクラス分けにしている都合から「ロウ・パワー」と位置付けています。

ハーレーは中型車の「ミッド・パワー」も含め、それ以下の小型車も都市型の移動を目的としており、電動アシスト自転車子供用のeバイクも発表しています。最近は、二輪車とあらば何でもEV化しようとしている気がしますね。この調子でもっと手を広げてきそうな期待感があります。

黒い部分がバッテリーらしい

electrekによりますと、モーター上部にある黒い部分がバッテリーではないかと思われています。ここをパカっと持ち上げて、電動アシスト自転車のように屋内で充電することになりそうです。

200121_hdscooter2
Photo: HARLEY-DAVIDSON

この空間をどう演出するか?

EVスクーターといえば、かつてはイタリアを代表するVespa(ベスパ)も発表したことがありました。ですがハーレーはもうカウリングすらなく、フレームも剥き出し。大事な部分を隠そうともしていません。でも、このサドルとモーターの間にある大きな隙間、ここにバッグやらカゴやらを吊るしたり、オレンジ色の車体にマッチする外装をカスタマイズしたりと、何かしらの機能やデザインを演出できそうですよね。もし買えるような値段であるなら、考えてみたいものです。

詳しいスペックや価格など、続報を待ちましょう!