透明スマホ、Nothing phone (1) 発表イベントは7月13日!

  • 12,507

  • author そうこ
透明スマホ、Nothing phone (1) 発表イベントは7月13日!

スケルトンバックは決まり。

OnePlus共同創設者、Carl Pei氏が率いるNothing。ワイヤレスイヤフォンに続き製品第2弾となるスマートフォンphone (1)の発表イベントの日時が明らかになりました。約1ヶ月後、7月13日。日本時間で0時スタートです。

学び直し、やり直し。今までのスマホの概念を覆すぞ!という意気込みを感じますね。

Nothing phone (1)に関しても、ちょいちょいがでています。まず、Nothingの最大の個性の外観デザイン、これは背面スケルトンで決定。中の部品をアート的に見せるという話なので楽しみ。チップはQualcommという話ですが、Snapdragon 8 Gen 1だといいな。価格設定によってはSnapdragon 7 Gen 1もあると思いますが、せっかくだからハイエンドなSnapdragon 8+ Gen 1を期待したいところ。

スクリーンは6.55インチのOLED。OSはAndroidがベースのNothing OS。あとはワイヤレス充電対応。カメラやメモリについては、みんな好き勝手言ってて狙い定まらず。イヤホンンジャックは…、ないでしょうね、ear (1)がワイヤレスだもん。7/21発売という予想もあったので、13日発表→予約受付からの21日発売はありそう。

正直、デザイン以外で1番気になるのはやっぱり価格。500ユーロ(7万円弱)という話があり、ミッドレンジ端末になりそう。問題は、価格はPixelがせめているってことですね。Pixel 6aが5万3900円ですから、単純に中価格帯のSIMフリーAndroid端末が欲しい人ならまずPixel 6aにいきそう。あえてのGoogle外しの人もいますけど、そうなると次にはSamsungが控えています。Nothingのユニークな端末デザインは確かに大きな魅力なので、価格とのバランス次第では、(ガジェット好きじゃなくても)使ってみようかなという人は少数ながらもいるはず。

ワイヤレスイヤフォン「Nothing Ear (1)」レビュー:話題先行な印象だったけど、実際かなりいいぞ!

Nothing Ear (1)レビュー。100ドルを切る価格にして抜群の性能。ワイヤレスイヤフォン業界に及ぼす影響は大きいかも。

https://www.gizmodo.jp/2021/08/nothing-ear-1-wireless-earphone-review.html


    あわせて読みたい