Razerのワイヤレスヘッドホン「BARRACUDA PRO」、ゲームへの没入感が並みじゃない

  • 10,501

  • author 巽英俊
Razerのワイヤレスヘッドホン「BARRACUDA PRO」、ゲームへの没入感が並みじゃない
Image: Razer

ルックスは渋いが相当な実力派。

3万円台のゲーミングワイヤレスヘッドホン市場はかなり熱くなっていますが、やはりゲーミングデバイスに特化したブランドの製品だと、かゆいところに手が届いたモデルが目立ちます。なかでもRazerの新モデル「BARRACUDA PRO」はバランスの良いモデルで、ゲームユーザー以外にも響きそう。

普通にリスニング用としてもアリ

耳に当たるハウジングがでかくてちょっとつるんとした見た目は、WH-1000XM3あたりのソニーがちょっと前にリリースしていたモデルに近いかも。Razerお得意のギラギラ光るギミックはないし、渋めの落ち着いたデザインなので、ゲーミングだけでなく普通に街歩きやリスニングユースで使うのもアリだと思います。ぱっと見は大きめですが、ハウジングがしっかりしているので装着感は良さそう。耳や頭部への圧力を適度に軽減するメモリーフォームクッションなど、長時間の使用でも疲れない設計がちゃんと成されています。

Video: R Λ Z Ξ R / YouTube

没入感へのこだわりはさすがRazer

2.4GHzとBluetoothのシームレスな切り替え、強力なハイブリッド型ANCなど、没入感へのこだわりはゲーミング専業ブランドだけあります。騒がしい野外の環境でも威力を発揮するビームフォーミングノイズキャンセリングマイクも、プレイヤーの声をしっかりと拾ってくれます。肝心の音質も、デジタル音響の権威THXを傘下に収めているRazerだけに抜かりないです。THX開発の内蔵アンプに加え、超超薄型バイオセルロース素材を使った50mmドライバーで、リッチな低域の質感が期待できそう。

バッテリーは最大40時間連続使用可能、7.1ch立体音響「THX SPATIAL AUDIO」、「RAZER AUDIO アプリ」によるコントロールなど、便利な機能も満載されています。価格は3万6850円。製品としての質感や機能性の高さを考えるとお値打ちなのではないでしょうか。

Source: Razer

    あわせて読みたい