オフィスでレトルトカレーが食べたくなった。よし「レトルト亭」の出番だ!

  • 5,861

  • author 三浦一紀
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
オフィスでレトルトカレーが食べたくなった。よし「レトルト亭」の出番だ!
Photo: 三浦一紀

今日のランチはカレーだよ。

1週間前からギズモード編集部にやってきたアルバイトの代田(しろた)君。定期的に編集部にやってきては、他の編集部員のお手伝いをしたり、原稿を書いたりしています。

そんな代田君、今日のランチにはどうしてもカレーが食べたいと思っていました。しかし、業務の関係で外に食事に出かけている余裕がありません。

どうしようかな…。代田君がそう思いながら編集部を見渡していると、デスクの端のほうに気になるものを見つけました。

「レ、レトルト亭…?」

220628retort-02
レトルト亭。家電量販店で7,680円でした

代田君は、その白い機械を手に取りました。「レトルト亭」とは、アピックスインターナショナルが発売する、レトルト食品を温めることに特化した家電。レトルトパウチを熱することなら誰にも負けない製品なんです。

「これがあれば、ランチにカレーが食べられる!」

代田君は、いつも持ち歩いているレトルトカレーをバッグから取り出しました。彼は、外出先でも湯煎できるチャンスがあればカレーを食べます。でも残念ながら、ギズモード編集部ではお湯を沸かして湯煎するのは難しい状況。

でも、レトルト亭があれば…。代田君はレトルト亭をデスクの脇に持ってきました。

「使い方は…。なーんだ、簡単じゃないか」

そう、レトルト亭はレトルトパウチを温めることに特化した一芸家電。故に使い方もとてもシンプル。

220628retort-03

レトルトパウチを上の投入口に差し込みます。奥までちゃんと入れましょう。電子レンジ対応の蒸気吹き出し口があるタイプのパウチもOKです。

220628retort-04
加熱中はパイロットランプが光る

そしてダイヤルを回します。目安としては、内容量が130から179gが「小盛」、180から259gが「普通」、260〜300gが「大盛」です。129g以下の場合はパイロットランプのところに合わせます。

220628retort-05
出力は200Wなのでポータブル電源でも動作可能。アウトドアのお供にいいかも

今回は180gのカレーだったので「普通」にセット。あとはただ待つだけ。代田君はノートPCで仕事をしています。数分後、

「チーン」

という懐かしい音がして、温め終了。レトルトパウチはほかほかに温まっています。

220628retort-06

あらかじめ電子レンジで温めておいたご飯をお皿に盛り、熱々のチーズカレーを注ぎます。


220628retort-07


220628retort-08
うまそう


「いただきまーす!」

忙しいのでノートPCを眺めながらのランチとなってしまいましたが、食べたかったカレーを食べられて、代田君は満足そう。カレーはしっかり温まっていました。

220628retort-12

「こんな熱々のカレーが食べられたのは、レトルト亭のおかげだな」

これからはカレーはもちろん、牛丼だって中華丼だって食べられます(レトルトのものなら)。代田君は、レトルト亭に深い感謝を捧げました。

「そうだ。レトルト亭をもっといい場所に置いてあげよう」

220628retort-09

代田君は、レトルト亭をカフェスペースのコーヒーメーカーの間に置きました。スリムなレトルト亭は、ちょっとした隙間に置いておけるので、収納場所に困ることもありません。

「これからもよろしく頼むぜ、相棒!」

代田君はレトルト亭にそう声をかけると、また業務に戻りました。さて、明日は何のパウチを温めようかな…?

Photo: 三浦一紀

Source: アピックスインターナショナル