家庭のお湯が水素で沸く。そんな時代がやってくるかもしれない

  • 10,911

  • author 小暮ひさのり
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
家庭のお湯が水素で沸く。そんな時代がやってくるかもしれない
Image: リンナイ株式会社
Amazonブラックフライデーセール開催中!<いますぐ会場へ>

CO2を排出しない、湯沸かしへ。

給湯器といえばガスというイメージがありますけど、リンナイが開発したのは家庭用給湯器における水素100%燃焼技術。そう、化石燃料に頼らず、CO2を一切排出しないでお湯を(安全に)沸かせる技術です。

ただこれは「明日から水素でお湯が沸く」という話しではなく、脱炭素社会に向けた技術の開発と商品化への第一歩であり、水素インフラ拡大までの間に整えておくべき準備といえます。

2022-06-16rik01
Image: リンナイ株式会社

こちらがリンナイが掲げるロードマップ。化石燃料を徐々に減らし、脱炭素ガス、再エネや原子力。そして新たに開発された水素というCO2を排出しない燃料へとシフトしていくといった方針とのこと。

現状では水素を家庭用の燃料として利用するまで至っていないけど、30年後と考えると、そういう技術やテクノロジーも当たり前になっているかもしれません。また、グリーン水素(CO2排出しないエネルギーで作成された水素)ももっと広まって、単価も安くなっていくと思うんですよね。

30年後、遠いようでわりと近い未来のお話でした。

トヨタが開発するポータブルカートリッジが、水素エネルギーをより身近なものにしてくれる

トヨタは、子会社のウーブン・プラネットとともに、手軽に持ち運びできるポータブル水素カートリッジのプロトタイプを開発したことを発表しました。

https://www.gizmodo.jp/2022/06/toyota-h2-portable-cartridge.html

Source: リンナイ株式会社