つけてないみたい。裸よりiPad miniの機動力を最大化させる保護ケース

  • Sponsored By CASEFINITE
  • author 照沼健太
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
つけてないみたい。裸よりiPad miniの機動力を最大化させる保護ケース
Photo: 照沼健太

もっとも身軽なiPad miniを、さらに身軽にするケース。

iPadシリーズ中もっとも小型で軽量なモデルである「iPad mini」は、ラインナップの中でも特別なiPadと言って間違いないでしょう。

ただし、そんな“いつでもどこでも”なiPad miniだからこそ、ちょっとしたジレンマがあるのも事実。それは持ち運び用のケースをつけるとiPad miniの軽快さが薄れてしまうこと。

たまにケースを外して裸でiPad miniを持つと、「あっ」と本来の薄さと軽さに驚きませんか?

20220609_case3382-1

だからこそこう思うのです。「ケースをつけながら、iPad mini本来の軽快さを維持したい」。

そんな願いを叶えてくれるケースがついに登場しました。

それがCASEFINITEの「THE FROST AIR (iPad mini6)」です。

ほぼ裸のケースがiPad mini用に待望の登場

20220609_case3421

この「THE FROST AIR (iPad mini6)」、最大の特徴は「ほぼ、裸」なケースであること。

もしかしたら見覚えがある方もいるかもしれませんが、極限まで裸に近いケースとして話題を呼んだiPhoneケース「THE FROST AIR」のiPad mini版なのです。

「THE FROST AIR」は高精度なレーザーカット技術でiPhoneの形を精巧にトレースし、0.8mm以下の薄さと約8gという”誤差”のような重さを実現した、究極のシンプルを実現したケースでした。

結論から言えば、その「ほぼ、裸」というコンセプトは、iPad miniにこそふさわしいと感じさせられました。

精度抜群、つけて何の違和感もなし

20220609_case3399

この写真を見てみてください。

レーザーカット技術によって、スピーカーやUSB端子周りが高精度に切り抜かれていることがわかりますよね。

試行錯誤を重ねた仕様は、薄さ約1.0mm、軽さ約26g。iPhone用の「THE FROST AIR」と比べれば約0.2mm厚くなっていますが、本体が大きく重量もあるiPad mini本体の保護を考えれば納得のスペックです。

薄くしすぎてすぐに壊れてしまうケースでは意味がないですからね。もっとも、それでも約1mm。じゅうぶんな薄さです。

20220609_case3393

そんな極薄加工だからこそ、側面はしっかりとApple Pencilの装着&充電ができるようになっています。

20220609_case3395

スピーカーや端子類含め、iPad mini本来の機能を損なわない点も含め「ほぼ、裸」のケースと言えるでしょう。

公式では「すべての無駄を削ぎ落としたデザイン」とされていますが、まさにその印象ですね。

素材はポリプロピレン。iPad mini背面のようなサラッとした触り心地と、艶消しならではの耐指紋性が特徴的。この辺りもiPad mini本来の質感を邪魔しない仕上げになっていると感じます。

20220609_case29831

もちろんiPad mini本来の薄さと軽さを楽しみたいならば、何もケースをつけない方がいいでしょう。しかし裸で持ち運ぶ場合、バッグの中で擦れて傷がついてしまったり、落として打痕ができたりなどの不安があるのもまた事実。

薄さ約1.0mm、軽さ約26g程度のケースをつけて、そうした持ち運びのストレスや心配から解放されるならば、むしろ「THE FROST AIR (iPad mini6)」を装着した方がiPad mini 6をより軽快に持ち運べると考えられるのではないでしょうか。

どれを選ぶ? iPad miniのカラバリを活かす全8パターンを検証

20220609_case28611

iPad miniの魅力の一つが豊富なカラーバリエーション。

そこで「THE FROST AIR (iPad mini6)」は、どの本体とも調和するべくスモークブラックとアイスホワイトという全2色でラインナップが展開されています。

iPad miniの全4色(スペースグレイ、ピンク、パープル、スターライト)×「THE FROST AIR (iPad mini6)」全2色(スモークブラック、アイスホワイト)の合計8バリエーションを試してみました。

自分が持っているiPadのカラーと合わせて見てみてください。

20220609_case28851

iPad miniスターライト×アイスホワイト

20220609_case31831

iPad miniスターライト×スモークブラック

20220609_case29011

iPad miniピンク×アイスホワイト

20220609_case32271

iPad miniピンク×スモークブラック

20220609_case30571

iPad miniパープル×アイスホワイト

20220609_case29151

iPad miniパープル×スモークブラック

20220609_case30371

iPad miniスペースグレイ×アイスホワイト

20220609_case32051

iPad miniスペースグレイ×スモークブラック

アイスホワイト、スモークブラックともに半透明仕上げのため、iPad mini本体のカラーによって色味が少しずつ変わってくるのがよくわかると思います。そしてアップルロゴが隠れないのも嬉しいポイントではないでしょうか?

個人的にはスターライト、ピンク、パープルにはアイスホワイト。スペースグレイにはスモークブラックの組み合わせが、iPad本来の色味を活かせる組み合わせだと感じましたが、この辺はお好み次第ですね。

どこにもメーカーロゴが入っていないので、iPad本来のアップルデザインを損わないのも非常に良いポイントだと思います。

20220609_case28871

薄さ約1.0mm、軽さ約26gはもちろん、半透明仕上げによっても「ほぼ裸」を実現するケース「THE FROST AIR (iPad mini6)」。

iPad mini本来の軽快さを極限まで損なうことなく、傷の心配をせずどこでも持ち出せる。それって、つけた方がiPad miniが軽快になるケースってことなんじゃないかと思います。

Source: THE FROST AIR (iPad mini6)