トヨタが開発するポータブルカートリッジが、水素エネルギーをより身近なものにしてくれる

  • 42,724

  • author 巽英俊
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
トヨタが開発するポータブルカートリッジが、水素エネルギーをより身近なものにしてくれる
Image: TOYOTA

ポータブル化されれば可能性も大きく広がる。

CO2フリー社会の鍵を握る水素エネルギー。水素社会が実現すればカーボンニュートラルへと大きく前進し、地球環境の大きな変革が期待できますが、技術的なハードルはまだまだ高く時間がかかりそうです。

自動車メーカーのなかでもとりわけ水素技術の開発に熱心に取り組んでいるトヨタは、子会社のウーブン・プラネットとともに、手軽に持ち運びできるポータブル水素カートリッジのプロトタイプを開発したことを発表しました。

ひとりで持ち運べるサイズ

発表されたカートリッジは直径約180mm、全長約400mmで、重さは約5kg。イメージとしては、ご家庭で使われている加湿空気清浄機の水タンクをひと回り大きくした感じでしょうか。このくらいであれば、ひとりでも簡単に持ち運びできますね。ちなみにカートリッジ1本で、一般的な家庭用電子レンジが約3~4時間運転できる電力の供給を想定しているそうです。このカートリッジの現物は、6月5日まで富士スピードウェイで開催されている「スーパー耐久シリーズ2022 第2戦」で展示されています。

水素をカートリッジ化するメリットとしては、容易に交換できてすぐに使えること。さらにはパイプラインなどではなく小規模なインフラでも対応できるため、災害時に孤立した現場に持ち運んだり、未電化地域で使用するなどフレキシブルな使い方が期待できます。もちろん一般家庭でも活用できるでしょう。

今後はトヨタが静岡県裾野市に建設しているWoven Cityなどでの実証を通じて、高圧水素タンクの前提で設計・開発を進め、改善を重ねて日々の生活で気軽に使用できるエネルギーとなることを目指していくそうです。より小さく、より効率良くなっていけば、さらなる可能性が広がっていくはずです。水素エネルギー開発では今のところ頭ひとつ先を行っている感があるトヨタだけに、今後の展開にも期待したいですね。

Source: TOYOTA