WH-1000XM5は欲張りさん。ノイキャン、音質、外音取り込みがすべて進化しました

  • 7,853

  • author 塚本直樹
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
WH-1000XM5は欲張りさん。ノイキャン、音質、外音取り込みがすべて進化しました
Image: ギズモード・ジャパン


今選ぶなら、これ一択?

ソニーから満を持して投入された、まさに王道モデルの新型ワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM5」。同シリーズは強力な「ノイズキャンセリング機能」が特徴ですが、最新のXM5では全方位でのアップデートが実施されていましたよ!

ノイキャン機能の強力さに驚くギズモード編集部のリチャードとともに、その魅力に動画で迫ってみましょう!


ノイキャン…だけじゃない!?

Video:YouTube

まずは周囲で声を出してもらい、WH-1000XM5のノイキャン能力の高さに驚いたリチャード。その進化の秘密を、ソニーの方にうかがってみました。

すると、WH-1000XM5では「見た目」「音質」「ノイキャン機能」の刷新により、ノイズが低減できたとのこと。見た目とは構造がよりシンプルになったことで、本体デザインのすっきり度がアップ。近接センサーやシリアルナンバーまで、目に触れない部分に隠されています。

音質に関しては、基盤が進化したことによりより音がピュアに聞こえるように。また、スピーカードライバーでは柔らかい素材と硬い素材を組み合わせたことで、音質の「いいとこ取り」ができるようになりました。

そしてノイキャンに関しては、エアクッションと3個の外部マイクにより高音域・中音域までノイズがよく低減できるようになりました。またオートNCオプティマイザー(最適化機能)の搭載により、常に最適な調整が適応されるんです。さらに「外音取り込み機能」の進化により、ヘッドホンをつけたままでも自然に会話ができるようになっています。

というわけで、まさに文句なしな進化を遂げたWH-1000XM5。BOSEやアップル(アップル)、ゼンハイザーなどのメーカーがどのような対抗製品を出してくるのかにも、注目したいですね!


Source: ギズモード・ジャパン / YouTube