数字で理解できるね。消費電力計で節電が意識できる電源タップ

  • 5,934

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
数字で理解できるね。消費電力計で節電が意識できる電源タップ
Image: SANWA DIRECT

そのデバイスは何ワット?

酷暑で電力不足が叫ばれる昨今。自宅で節電するアイデアとして、個別にスイッチが付いた電源タップが挙げられます。たとえば主電源がオフになっていても、待機電力が使われているテレビやPCやモニター、充電や更新しているゲーム機などには有効な手段です。とはいえ、実際どれくらいの電力が抑えられたまでは分からないので、ちょっと実感が湧きづらいところですよね。

ひとつずつオフにしてみよう

サンワダイレクトの6個口電源タップ「700-TAP071」には、ワットメーターが搭載されており、消費電力が可視化されるのでとても分かりやすいのが最大の特徴。個別にスイッチオフで、節電への意識も高まります。

メーターは1Wから表示されるので、どのデバイスに何ワット使われているのかが一目瞭然。頭に入れれば、自然と足し算引き算ができるようになるかと思います。さらに、それを電気代に換算したら…? 思わず冷や汗をかいて、冷房を消したくなっちゃうかもしれませんね。

220706_tap2
Image: SANWA DIRECT

いろいろな安全設計で安心

壁に挿しやすいスイングプラグと絶縁キャップでホコリによる火災予防もでき、1500Wを超えて使い続けるとブレーカーが落ちるのも節電に繋がります。雷ガードもあるのでゲリラ豪雨でも安心ですし、強力な磁石でデスクの脚など金属にガチっとくっつきます。何をどれくらい節電したら電源タップの元が取れるのか? なーんて考えると面白いですね。

※なお、以下の価格など表示内容は、執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Source: Amazon, Twitter, SANWA DIRECT via PC Watch