AI「YouTube見てマイクラ勉強したら、ガチ勢なみのプレイできるようになった」

  • 31,636

  • author そうこ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
AI「YouTube見てマイクラ勉強したら、ガチ勢なみのプレイできるようになった」
Image: Phil's Mommy / Shutterstock.com

AI見てると、日々勉強だなって思います。

Open AIのマシン学習アルゴリズムGPT-3とDALL-E 2の2人(?)が、マインクラフトをプレイしました。それも、かなりの腕前で。AIがマイクラしてると聞くと、ゲームに疎い人は「AIならゲームなんでも得意でしょ」と思いますが、実はマイクラは長年、AIにとっては難しいゲームだったそうです。理由はAIが得意とする将棋や碁とは違って、明確なゴールやルールがないからですって。

AIがマインクラフトを学ぶための教材となったのは、いろいろな人がアップしてくれるYouTube動画。AIが学習に活用した総動画時間は、なんと7万時間。つまり、人間ならば寝ないで8年間くらい動画見続けたということになるので、恐るべき勉強熱心さです。

単純にこれがマインクラフトだよーと動画を見るだけでは、AIだって学びのきっかけが掴めません。この動画が何をしているのかを説明する必要があります。ここで人間の出番。7万時間のうち2000時間分のYouTubeマイクラ動画に、基本のマイクラスキルのタグをマニュアルでつけました。このタグ付き動画を元に、IDM(Inverse Dynamics Model)アルゴリズムが動画で何が行われているかを認知(精度90%)、IDMがタグつけした動画を元にVPT(Video PreTraining)アルゴリズムが学習という流れとなりました。結果、マイクラAIは、木を集め、作業台を作り、道具を作れるところまで成長しました。

基本をおさえたところで、AIをチューニング。すると、なんとダイヤの道具まで作れるように! 人間がダイヤの道具を作るには、平均で約20分・2万4000アクションかかるそうですが、(2.5%のケースではありますが)AIはこれを10分以内で完了することができました。これは完全にガチ勢レベルのプレイ!

注目すべきは、AIがやろうと人間がやろうとマイクラはマイクラなので、AIによるプレイもキーとマウス操作で行なわれたということ。…てことは、マイクラに限らず、人間による音声でタスク発動からのAIによるパソコン操作ができるということで、パソコンのインターフェースが一新されるということ? え?

Source: OpenAI, Cornell University via SingularityHub