大人の「なぜ?なに?」に答えてくれる、講談社のサイエンス新書シリーズ「ブルーバックス」がセール中です

  • 6,037

  • author 山田ちとら
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
大人の「なぜ?なに?」に答えてくれる、講談社のサイエンス新書シリーズ「ブルーバックス」がセール中です
Photo: 山田ちとら

世界は謎だらけだから。

細胞とはなんだろう?
宇宙に「終わり」はあるのか?
重力波とはなにか?
「がん」はなぜできるのか?
「こころ」とはいかにして生まれるのか?

それぞれの答えを探求していたら、一生かかっても時間が足りないぐらいです。そこで頼りたいのが良書!

特に講談社のサイエンス新書シリーズ「ブルーバックス」はオススメです。物理学・化学・生物学・天文学など自然科学のほかにも工学・医学・心理学・食品科学など多岐にわたるジャンルが揃っているので、きっと知りたかった答えがひとつ、ふたつ、いやもしかしたらわんさか見つかるはず。

それぞれの本がその道の専門家によって書かれていながらも、素人でもわかる内容に噛み砕いてあるのが最大の魅力です。さらに、個性的な語り口だったり、科学者の個人的な体験について書かれていたりするのも面白いところ。むずかしいことを楽しみながら学べます

ただいまAmazonでセール中

しかも、今ならKindle版が一冊平均して30%オフのセールなんです(30%分のポイント還元になってるケースもあり)。このチャンスを逃すまいと、さっそくわたしが購入したのがこちら。

記事を書きながらポチりました

最近趣味のランニング中に呼吸、というか息の吐き方を変えてみたんですよね。そうしたら、なんと徐々にペースが上がってきただけでなく、ランニング中の平均心拍数が下がり、よりラクに速く走れるようになってきました。改めて呼吸の大切さを実感しているものの、なぜなのかはわからずじまいだったんです。

『呼吸の極意』の最初の数ページを読んだだけでも、すでにこの本に答えが書かれていると直感しています。そして今、猛烈にワクワクしています。わからないことを知るって、どうしてこんなにワクワクするんでしょうね(深夜テンション)!

最新物理学も楽しく学べる

もともとわたしがブルーバックスを頼るようになったきっかけは、この本でした。

以前、東京工業大学理学院物理学系助教の山崎詩郎先生にインタビューする機会があったのですが、先生のお話をしっかりと理解するために、この本と『量子とはなんだろう』という本を読んで必死に勉強したんです。その時に付けたふせんの多さが、いかに充実した内容だったかを物語っています。367ポイント(本体価格の30%)つくようになっています。

ちなみに、山崎詩郎先生ご自身も『独楽の科学 回転する物体はなぜ倒れないのか?』を執筆されてますよ。

謎に思いながらも漠然と過ごすよりかは、いっそこの際気になっていた「なぜ?なに?」を、ブルーバックスで心ゆくまで追求してみませんか?

Photos: 山田ちとら