Apple Siliconの材料コストが高騰。このままiPhoneの価格も上がるのか?

  • author 巽英俊
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Apple Siliconの材料コストが高騰。このままiPhoneの価格も上がるのか?
Image: Koshiro K / Shutterstock.com

材料価格高騰はかなり深刻。

Bloombergは、Apple(アップル)のサプライヤーである台湾積体電路製造(TSMC)がコスト増に直面しているため、チップ価格をさらに値上げする可能性が高いと報じています。

来年まで状況は改善されないかも

TSMCは世界最大の半導体サプライヤーで、顧客にはAppleのほか、Intel(インテル)、Qualcomm(クアルコム)、AMDといった錚々たるテック企業が名を連ねます。そのTSMCに製造材料を供給している日本の昭和電工が、世界的なチップ不足を背景に大幅な値上げを余儀なくされているのです。

昭和電工の染宮英樹CFOは、「今年の材料業界のプレーヤーに共通する大きなテーマは、顧客にどれだけのコスト負担を納得してもらえるかということだ。現在の市場の動きでは、これまでの2倍を要求せざるをえない」と語っています。さらに染宮氏は、少なくとも2023年までは状況が大きく改善することはないだろうと述べています。

Bloombergは5月にTSMCが顧客にかなりの値上げを警告していると報じていました。2021年にも20%の値上げを行なったばかりで、過去10年で最も大幅なチップ価格の上昇が続いています。

日経アジアは昨年、Appleがチップの値上げ分を顧客に転嫁せざるを得なくなる可能性があると警告していました。iPhoneフラッグシップモデルの64GBモデルを見てみると、2017年のiPhone Xの発売以来ずっと999ドルで販売されており、今のところさらなる値上げは実施されていません。今年リリース予定のiPhone 14とiPhone 14 Maxは、iPhone 13と同じくA15 Bionicが継続して搭載されるとの見方が有力ですが、これはAppleのサプライチェーンによる値上げ圧力の影響かもしれません。

Source: MacRumors