Ubuntuが最初から入ってる「Dell XPS 13 Plus」が公式発売

  • 25,643

  • author 湯木進悟
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Ubuntuが最初から入ってる「Dell XPS 13 Plus」が公式発売
Photo: かみやまたくみ

ちょっぴりWindowsより安いし!

Dellのプレミアム・ノートPC「Dell XPS 13 Plus」は、そのかっこいいデザインが魅力。隙間のないキーボード、パームレストに埋没してしまうタッチパッド、光って浮かび上がるタッチファンクションキーなどなど、アルミボディで高級感あふれる1台として愛用できそうです。そこへまさかの新たな選択肢が用意されましたよ。

20220727_dell
Image: Dell

このほどThe Vergeは、あのLinuxディストリビューションの「Ubuntu(ウブントゥ)」で知られるCanonicalが、Dellと正式にコラボして、最新版の「Ubuntu 22.04 LTS」を標準搭載するDell XPS 13 Plusが登場したことを伝えました。すでに北米ではDellの公式サイトから購入可能となっており、同じ仕様のWindowsモデルと比較して、100ドル安く販売中。Ubuntu 22.04 LTSは、2032年まで今後10年間は使い続けられるOSとされているため、末永くDell XPS 13 Plusを愛用できる強力な選択肢となるのでは?

もちろんUbuntuは自分で購入したWindowsマシンへインストールすることもできるのですが、こうして購入した瞬間から最新のUbuntuセットアップされているのは安心感が違います。昔、WindowsノートPCの延命のためUbuntuを入れてみましたけど、Wi-Fiにつながらなくなったり、どうしても利かないキーが出てきたりと、なにかしらの不具合は忍ばなければなりませんでした。あとWindowsでない環境をどうとらえるかですけど、日本円にして1万円以上安くなる選択肢はアリかも。国内でも、こういう構成のモデルを普通に選べるようになってほしいですね。

Source: Dell via The Verge